《zak女の雄叫び お題は「実」》プレーで沸かし来場数倍増に迫ったプロ野球DeNAの“裏戦略” (1/2ページ)

2016.10.19

盛り上がるDeNAファン=15日 マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
盛り上がるDeNAファン=15日 マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 「ファン獲得」と「チーム強化」−。球団参入5年目のDeNAにとって、2つの努力が「結実」した1年となった。

 15日まで行われたクライマックス・シリーズ(CS)。セ・リーグ3位で球団史上初めて進出を果たしたDeNAは、セ・リーグ王者の広島に敗れはしたものの、チーム一丸のプレーを見せ鮮やかな印象を残した。

 2位・巨人と対戦したファーストステージでは、敵地の東京ドームの三塁側に多数のDeNAファンが詰めかけ、大声援を送った。若い女性や家族連れが目立つその風景は、大洋時代や横浜時代の渋い玄人ファンといったイメージとは様変わり。

 本拠地・横浜スタジアムの今季年間来場者数は球団史上最多の193万9146人で、買収前の110万人から大幅増を果たした。「ライト層、若い男女が増えたと考えています。球場に初めて来た方や、遠のいていた方が戻ってきてくれた」と球団広報部。秘密は“一見さん”へのアプローチにあった。

 「野球は“つまみ”と考えています。一回から九回まで勝ち負けだけを楽しみに観に来てくださいというのは限界がある」(同担当)。年10回ほど開催されるイベントは、ビアフェスティバルなど全て野球と無関係な題材だ。球団オリジナルビールや、ミシュランで星が付くシェフがプロデュースした空揚げ…。まずは野球以外のことから楽しんでもらおうというきっかけ作りを大事にした。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。