《zak女の雄叫び お題は「実」》プレーで沸かし来場数倍増に迫ったプロ野球DeNAの“裏戦略” (2/2ページ)

2016.10.19

盛り上がるDeNAファン=15日 マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)
盛り上がるDeNAファン=15日 マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 本筋とは違う! と違和感を覚える古参ファンもいるのかもしれないが、その根底には「野球」というコンテンツへの自信がある。「“ついで”でも、一度生で野球を見てくれれば必ず楽しんでもらえる」(同)。“一見さん”に楽しんでほしい、あわよくばファンになってほしい−。

 黙って野球をやっているだけで満員になった殿様商売も今や昔。今やプロ野球は多種多彩の娯楽のなかの一分野にすぎなくなった。サッカーやバスケットボールなど、多種目にも人気が移るなかで、特に若い世代が球場へ向かう足もとに、「ハードル」があることに気づけなければ、こまやかなサービスは生まれない。

 今後への課題もある。一過性のブームで終わり、お客さんが定着しないのではないか。“一見さん”が幅をきかせば、“常連さん”との摩擦も生まれるだろう。しかし、野球以外のきっかけから“一見さん”を多数引き込み、ファンの声援が増幅するなかでチームが強くなった課程には確かな未来も見える。

 選手たちは大観衆のなかでプレーする喜びを知り、プロとしての自覚や向上心を強くした。CSに進出し上の舞台を経験することで、さらなるチーム力向上の課題も見えた。来季以降のDeNAには大きな希望が見える。手にした“実”は新たな種となり、さらに大きな花を咲かせることだろう。(P)

                   ◇

 個人的には小さい頃ファンだった西武ライオンズに、何とか再建の道を歩んでもらいたい…

                   ◇

【zak女の雄叫び】取材や日常…。女性記者21人が月ごとのキーワードで本音を綴るリレーコラムです。10月のお題は「実」 です。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。