《zak女の雄叫び お題は「変」》「後悔」ばかりの潘基文国連事務総長  (1/2ページ)

2016.12.21

潘基文国連事務総長
潘基文国連事務総長【拡大】

 今月末で2期10年の任期を終える国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長(72)が、「後悔」の念を述べる場面が増えている。

 16日に最後の記者会見に臨んだ潘氏は、内戦が続くシリア問題の国連の対応について、「私たちはシリアの人々を見捨ててしまった」と発言。紛争が続くイエメン、南スーダン、中央アフリカ共和国、マリなどを挙げて、「多くの『未完の仕事』を後任や加盟国に残すことは残念だ」と、無念さをにじませた。

 東アジアから初めて選出された事務総長は、残念ながら何の存在感も示せず、国連を間もなく後にする。朝鮮半島出身者として、北朝鮮問題の事態打開には期待がかかったが、状況は一層悪化。また、女性の地位向上にも取り組んだものの、国連の女性幹部の比率は2割程度にとどまり、「後任は女性を」と呼びかけた事務総長選では影響力を発揮できなかった。

 国際社会では失敗したという評価も下される潘氏について、韓国大統領選では「他の候補と比べれば、潘氏が一番好ましい」(日本の外交関係者)と“待望論”が上がっているのも皮肉な話だ。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。