柔らか、あったか。おっぱいを肴に極寒の夜を乗り切る!

2017.02.25

【SAYURI】(左から)ともみん、きょうこ、りか。りかちゃんは「Pandora−BoX」というダンス&ボーカルグループで芸能活動もしているとか
【SAYURI】(左から)ともみん、きょうこ、りか。りかちゃんは「Pandora−BoX」というダンス&ボーカルグループで芸能活動もしているとか【拡大】

  • 【SAYURI】女のコの一生懸命なパフォーマンスには大いに盛り上がりたい
  • 【SAYURI】板前さんの作る本格的な名古屋料理のファンも多く、外国人の接待やおひとり様で来店する常連さんも。女のコの一生懸命なパフォーマンスには大いに盛り上がりたい
  • 【SAYURI】板前さんの作る本格的な名古屋料理のファンも多く、外国人の接待やおひとり様で来店する常連さんも
  • 【ラーメンBAR、スナック、居酒屋。】“リーダー”早川貴子さん
  • 【ラーメンBAR、スナック、居酒屋。】“リーダー”早川貴子さん
  • 【ラーメンBAR、スナック、居酒屋。】“リーダー”早川貴子さん
  • 【ラーメンBAR、スナック、居酒屋。】麺は特製、スープは醤油あっさり。具はネギ、あおさ、とろろ昆布。ライム、柚子胡椒、天かす、春菊天、自家製オイルで変化を楽しむ
  • 【ラーメンBAR、スナック、居酒屋。】“リーダー”早川貴子さん
  • 【ラーメンBAR、スナック、居酒屋。】「だって、ラーメン作りたくない。」と殴り書きされた紙

 【今週の精鋭記者】苫米地(40歳)

 中年の腹は冷えに弱い。若い頃は酒が入れば食欲も増し、アテも3品、4品といけたのだが、今や完全に負のスパイラル。湯豆腐に熱燗1本がせいぜいだ。そんな折、夜遊びガイドのO氏が囁く言葉に耳を疑った。「旨い飯と酒、そしておっぱいで、温まりません?」。

 期待を胸に馳せ参じたのは新橋。数多の飲食店がある新橋で珍しい「名古屋メシ」を売りにする「SAYURI」だ。靴を脱いで座敷に上がると、和風衣装を着た女のコがお出迎え。シラフでは目のやり場に困るほどの“谷間”が眩しい。メニューを一瞥。手羽先、味噌串カツ、ひつまぶしに天むす、そして台湾ラーメン……定番の名古屋メシに加え、岐阜の飛騨牛や明宝ハムを使ったものまである。

 「名古屋コーチンを使った石焼き玉子焼きは絶対に食べてほしいんです!」。味噌カツが大好きだと言うりかちゃんに促され、名物を片っ端から注文。手羽先、味噌串カツ、どて煮をツマみつつ、料理を運んでくる女のコたちを観賞。

 「玉子焼きおまたせしました〜」。と運ばれてきたのは石焼き鍋。玉子焼き名人を自称するともみんが、テーブルで玉子焼きを焼いてくれる。くるくると卵を巻いていく手つきと、その度に揺れる谷間を凝視する俺。出来上がった玉子焼きはアツアツ、フワフワ。「この域に達するのに相当練習しました」との言葉に目を細めるオヤジ2人。

 安易なツマミとパフォーマンスでお茶を濁す「ガールズ居酒屋」とは一線を画するこの店、今度は一人で来ようと心に誓う。

 お次は学芸大学。ほろ酔いで連れていかれたのは「ラーメンBAR、スナック、居酒屋。」。通称“おっぱいラーメン(R)”でその名を轟かせる名店だという。「いらっしゃーい!」。陽気な関西弁で迎えてくれたのは店主の“リーダー”早川貴子さん。カウンターの向こうに鎮座するこぼれそうな2つの山。「だって、ラーメン作りたくない。」と殴り書きされた紙に面食らう俺。

 「元グラビアアイドルなのに、ラーメン職人。ここでしか食べられれない〆のラーメンは評論家筋も舌を巻くほどなんです」。解説するO氏の鼻の下は伸びに伸びている。

 「日本酒、甘い酒以外なんでもあるで」とリーダーが言う通り、ここはバー。コカの葉から造った酒とアブサンを混ぜた「清原スペシャル」なる酒もある。穏便に黒ビールを舐めつつラーメンを待つ。「36(歳)で乳も下がってきとるし勘弁してほしいわ」と軽口を叩きながら大胆に湯切りをするリーダー。

 大量のネギを頂いた美しいラーメンが現れた。ひと口食べて仰天。こんなに優しくて〆に相応しいラーメンがあるのか。五臓六腑にしみわたるスープ、酒、そして会話。久々に空が白むまで飲んだ。

■SAYURI
(住)港区新橋3−14−5 STEC−3ビル2F
(電)03−5425−2211
(営)17〜24時
(休)日◯
(料)名古屋コーチン卵の石焼き玉子焼き(890円)、手羽先の唐揚げ(4本・580円)、味噌串カツ(2本・480円)、天むす(2コ・480円)、名古屋名物ひつまぶし(1980円)
●コース全9品飲み放題つきで4890円〜

■ラーメンBAR、スナック、居酒屋。
(住)目黒区鷹番2−15−10 遠藤ビル201
(電)080−2090−1919
(営)19時〜力尽きるまで
(休)なし
●ラーメン(並・650円、写真は大・900円)、串あげ、パクチー料理も提供。おっぱい好きの女性客も大挙押し寄せる!

 【一行情報】上野界隈に新手のキャバクラが増殖。目下、鋭意調査中!
 【苫米地記者の宿酔】おっぱいが先か、酒が先か。禅問答を肴に飲む

撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

ZAK×SPA!記事一覧

 
今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。