第4弾も辛口の中に深みのある味わいに 辛口産経純米酒1/1ページ

第4弾も産経らしいキリっとした辛口の中に深みのある味に仕上がりました。新潟・佐渡の地域振興を支援する目的で平成28年から醸造している産経オリジナル純米酒「佐渡 学校蔵発 辛口産経」。産経ネットショップでは、4年目を迎えた令和元年も、地元佐渡の「尾畑酒造」の杜氏らが苦労の末に造り上げた「辛口産経」の販売を開始しました。<産経ネットショップ>

学校蔵は、尾畑酒造が平成26年、廃校になった小学校の木造校舎を酒造場に再生。「酒造」「学び」「交流」「環境」の4つのキーワードを掲げ、佐渡と島外をつなぐ地域振興の場として活用しており、辛口産経もここで醸造されています。

平成28年に始まった「辛口産経」づくりは、産経新聞新潟支局の記者が、酒米となる「越淡麗」の田植えから体験、初夏には約1週間佐渡に泊まり込んで、学校蔵で麹づくりから仕込みを行いました。29年の第2弾、30年の第3弾も記者が仕込みを体験しましたが、今回は海外から酒造りを学びに来た3人の外国人に仕込みを手伝ってもらいました。

杜氏の中野徳司さんの指導のもと、辛口産経を仕込んでくれたのは、日系アメリカ人3世のデビッド・サカモトさん(57)、オーストラリアのマイケル・ロビンソンさん(44)、香港のユミー・チックさん(37)。3人とも日本酒造りに興味があり、SNSなどで学校蔵のことを知り来日。佐渡に1週間泊まり込んで仕込みを体験しました。そのあとは杜氏らが温度管理など発酵具合をきめ細かにチェック。7月に旨みのある酒が搾られました。

完成した辛口産経の日本酒度は、前年と同じプラス10。ピリッと辛い中に深みのある幅広い味わいがします。その後にほんのり杉の香りが鼻に抜けます。尾畑酒造の尾畑留美子専務が「学校蔵の応援団長」と評する存在感です。旬の味覚に合わせてお召し上がりになるのであれば、少し冷やすか常温がおすすめです。美しい佐渡の風景を想像しながら、今年もキリっとした辛口をお楽しみください。

第4弾は四合瓶(720ミリリットル)のみ限定1000本。1980円、送料500円。5000円以上購入で送料無料、価格は税込み。価格や仕様などの情報は掲載時のものです。

zakスペシャル

ランキング

  1. バイデン大統領のアジア歴訪を韓国が悪用!? ケジメなき「反日」暴挙問題の棚上げ画策も 「対北政策を利用し『告げ口外交』か」識者

  2. 資金洗浄、闇店舗…危ない「ネットカジノ」 4630万円誤送金詐取で24歳男逮捕、供述で「別の口座に移して使った」

  3. 【艶グラドル】林凛「女子大生7年目です」 セクシーポイントは「長身からの長い脚」

  4. 中国〝恫喝体質〟また露呈 王毅外相「日本は火中の栗を拾うな」 日中外相会談の同日、爆撃機が沖縄飛行

  5. 4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」

  6. 文在寅派、支持率ガタ減り…「性犯罪日常化政党」との指弾も 韓国で依然根強い「反日左翼」勢力 与党は6月統一地方選で大勝か

  7. 【テレビ用語の基礎知識】「優等生タイプ」 最近のテレビマンはこのタイプが多いが…テレビのオワコン化脱却はどれだけ「上とけんかして、下を守れるか」にかかっている

  8. 乙武洋匡氏、今夏の参院選出馬へ 大激戦の東京選挙区 水道橋博士も「れいわ新選組」から出馬表明 「スポーツ報知」報道

  9. 後継者出現!プーチン氏〝退陣Xデー〟間近か 重病、クーデター説も 複数の諜報機関が暗闘 「数カ月後に大統領選の可能性」識者

  10. 自民・高市政調会長、決然と批判! 韓国の竹島調査疑惑「外交儀礼上、問題がある」