軽くて丈夫。多彩なカラーバリエーションも魅力の「アウトドアプロダクツ」1/1ページ

シンプルなデザインで男女問わず、幅広い年代に人気のバッグ
シンプルなデザインで男女問わず、幅広い年代に人気のバッグ

休日やラフなカジュアルスタイルにぴったりなバッグブランド「OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)」のバッグをご紹介します。アメリカ西海岸のカリフォルニアでスタートして以来、そのシンプルなデザインとポップなカラーリングは世界中のファンを魅了しています。<産経ネットショップ>

通常のナイロン生地の約7倍の引き裂き強度がある丈夫な「コーデュラナイロン」(※一部商品はコーデュラポリエステル)を使用し、発色の良いカラーリングや配色ファスナーをアクセントにしているのが特徴です。ベースとなるバッグの型はシンプルなので年代・性別を問わずに持ちやすく、長年愛用しているファンも多いブランドです。また、シンプルな作りだからこそ実現したコストパフォーマンスの良さも愛される要因の一つです。

「アウトドアプロダクツ トートバッグ」(6,800円)は、マザーバッグとしても使える大容量・多機能のトートバッグ。天ファスナー付きなのでバッグの中身が見えずに安心。マチがしっかりあるので、荷物の出し入れがしやすく、収納力も抜群。独立した2分割のフロントポケットは、小物類の収納に便利。両サイドにもポケットがあり、肩掛けした状態でも使いやすくなっています。

「アウトドアプロダクツ マザーバッグ」(6,380円)は、とにかくよく入る大容量のショルダーバッグです。メイン収納内部には吊りポケットが付いており、小物の収納にも便利。それ以外は仕切りがないため、収納力抜群。外側には前面と両サイドそれぞれにポケット付き。シンプルなデザインで持ちやすいのも魅力です。

「アウトドアプロダクツ デイパックM」(5,280円)は、お子様から大人まで幅広い方に使いやすいミディアムサイズのデイパックです。サイドにDカン(D形状のリング)が付いているのでパスケースやキーホルダーを取り付け可能。両サイドのメッシュポケットには、ティッシュやペットボトルなどを収納できます。背面には通気性とクッション性の良いメッシュ素材を使用。背ベルトにもDカンと夜間も安心なリフレクターが付いています。

「アウトドアプロダクツ 縦型ショルダー」(3,630円)は、街歩きに便利なコンパクトなショルダーバッグです。お子様用としても人気のアイテム。内部は吊りポケット付きのシンプルな構造ですが、必要最低限の荷物を入れるのには最適です。

「アウトドアプロダクツ ボディバッグ」(4,400円)は、シンプルなつくりで男女問わず、子供用としても人気の高いボディバッグです。メインルームは開閉しやすいダブルファスナーになっており、500mlのペットボトルの収納も可能。背面は通気性のよいメッシュパネルになっており、小ぶりですがお出掛けから普段使いと幅広いシーンで使いやすいアイテムです。

「アウトドアプロダクツ ボストンバッグ」(8,250円)は、航空機に持ち込めるサイズで、旅行やスポーツにピッタリなボストンバッグです。前ポケット上部の出し入れしやすい位置に大ぶりのファスナーポケットを設置。背面にはキャリーケースにセットアップできるスリーブが付いています。着脱可能なショルダーベルト付きでボストン・ショルダーと2WAY仕様になっており、用途に合わせてご利用できます。

産経ネットショップでは、今回ご紹介した商品以外にもアウトドアプロダクツのバッグを取り扱っております。ぜひこの機会に一度ご覧ください。

価格はすべて税込み。価格や仕様などの情報はすべて掲載時のものです。

zakスペシャル

ランキング

  1. 【ニュースの核心】危うい対中融和、岸田政権〝楕円の理論〟 首相と外相が一字一句違わず「共存」目指すような発言、消し去られた日米共同声明

  2. 安倍氏・高市氏ら猛反発!佐渡金山の世界遺産推薦見送り 「日本には後ろめたいことがある」世界に間違った印象も 「岸田政権は韓国の術中にハマった」識者

  3. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も

  4. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  5. 【日本の解き方】政府のグロス財務残高に着目した財政収支黒字化目標は理論的に完全に間違っている 国会でしっかり健全化議論を

  6. 維新・馬場氏、CLP問題の立民批判「報道の自由をカネで買ったも同然」 事実関係の詳細な調査結果の公表要求

  7. 【寅年女いい女2022】王林 郷土溢れる津軽なまりの〝非〟天然キャラ スタイルは一流モデル並み

  8. コロナ重点措置でマラソン大会中止ラッシュ 川内優輝選手が語る「政府への疑問」

  9. 成果なければ同盟危機、オンライン日米首脳会談 「覚悟見えずかなりの試練」「経済の軸足、切り込まれる可能性」 バイデン政権、日本を値踏みか

  10. 【有本香の以読制毒】尖閣もウイグルも出てこない…岸田首相の施政方針演説の“空疎”に驚く 自国の重大課題、北の拉致問題も他力本願に