軍事のツボ

英空母クイーン・エリザベスと「コスト強要戦略」1/3ページ

空母クイーン・エリザベスを中心とする英海軍の空母打撃群が5月22日、英国を出港した。12月に帰港するまでインド太平洋地域に派遣され、日本や米国、オーストラリア、インドなどと訓練などを繰り返す。派遣は英国の今後の世界戦略に沿ったもので、同地域への関与強化の一環だ。強引さを増す中国の海洋進出に対抗するプレーヤーが増えることは中国に大きな負荷をかけることになり、日米が進めようとしている対中国戦略「コスト強要戦略」の重要な構成要素になる。

 英国が空母打撃群を派遣するのは、海洋国家への回帰の一環。その長期戦略を一つの形にしたのが今年3月に公表した「Global Britain in a competitive age」(グローバル・ブリテン)。EU離脱後の安全保障、防衛、技術開発及び外交に係る今後の方針をまとめたもので、インド太平洋地域への関与強化もうたわれている。

 日本や米国などの海洋国家が最も重視するのは「海は常に自由で開かれている」こと。海を自由に使い世界中にアクセスできることが発展の大前提となるからだ。だから世界の海洋は「グローバル・コモンズ=世界公共財」だとする。

 これに挑戦しているのが中国。新たなパワーの出現は旧来のパワーとの摩擦を生み、軍事的な衝突の可能性が指摘されるほどになった。ただ、現実には経済の問題から当面は戦端が開かれる可能性は低いのではないか。その場合、平時の“つばぜり合い”が中心になり、カギを握るのが「コスト強要戦略」になると考えられる。英空母打撃群の派遣も同戦略の一要素といえる。

 コスト強要戦略は「ある国の望ましくない行動に対して、実現させるためにコストをかけざるを得ない状況にして、その行動を自制させること」と定義される。軍事面だけでなく、経済、政治などいろいろな要素を組み合わせたもので、コストとはカネの面だけでなく、負荷全般といっていいだろう。そして非常に重要な点は、平時に行われ、しかも長期間にわたることだ。

 コスト強要戦略は冷戦期の抑止理論のなかで盛んに取り上げられてきた。ソ連崩壊と米国のSDI(戦略防衛構想、別名スターウォーズ計画)との因果関係についての議論などにもみられる。冷戦崩壊後、注目度は低下したが、中国の台頭により米国を中心に近年再び注目されている。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  4. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  5. 【マンション業界の秘密】「利用価値」で決まる不動産の資産価値 マンションなら家賃の何年分であるか

  6. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  7. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  8. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  9. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  10. 米韓スワップ年内終了…韓国資金流出の危機 外交的ボイコットでも歩調乱し、米国に見放されたか 李教授「文氏は実態よりも政治的思惑優先」