ケント・ギルバート ニッポンの新常識

衆院選争点とすべき「個人消費」と「規制緩和」1/2ページ

衆院が解散され、議場を後にする議員ら =2017年9月28日、国会・衆院本会議場 (桐原正道撮影)
衆院が解散され、議場を後にする議員ら =2017年9月28日、国会・衆院本会議場 (桐原正道撮影)

岸田文雄首相は14日、衆院を解散する。衆院選は「19日公示―31日投開票」という日程で、熾烈(しれつ)な選挙戦が展開される。衆院選は「政権選択選挙」のため、結果によって日本の先行きが大きく変わる。私も注目しているが、やはり国民が最も争点とすべきは、「コロナ後の経済政策」だと思っている。

安全保障については、中国が暴走を繰り返すなか、自由主義国が連携を深めている。日本だけが「親中」に傾く余地は皆無であり、岸田政権下でも心配していない。

コロナ対策が失敗だと指摘する野党もあるようだが、9月末に緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が全面解除された後、新規感染者や重症者が減っている事実をみると、菅義偉前政権の対策は間違っていなかったことになる。いくら野党が蒸し返したところで、国民の多くは「将来に向けた政策」に期待したいに違いない。

そのうえで、取り組んでほしい経済政策は「個人消費を促すこと」と、「規制緩和」だ。

日本では個人消費の落ち込みが顕著であり、いち早く具体的な対策を実行する必要がある。まずは、観光支援事業「Go To トラベル」の再開を強く望みたい。観光業が冷え込む地方を活性化するための有効な対策であり、再開すれば個人消費の増加が期待できる。

zakスペシャル

ランキング

  1. 現場は〝悲鳴〟ワクチン追加接種遅れ 対象者のわずか16%…国の初動や情報の遅れ 「岸田政権の失策、感染拡大する一方」八幡和郎氏

  2. 27年の歴史に幕、NHK「ガッテン!」で気になる小野文惠アナの去就 25年間の東京勤務に不満の声も…紅白に続く〝若返り〟策か

  3. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】岸田首相は慰安婦問題から何を学んだのか? 韓国の主張を完全論破すべし! 佐渡金山を堂々とユネスコに推薦せよ

  4. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】源頼朝(大泉洋) 政子を魅了し、亀を妾に 〝ガッキーを泣かせる〟困った女癖

  5. 【最新国防ファイル】きな臭いアジア情勢で深化する陸自と米軍の絆 「空挺降下訓練」の拡大でさらに拍車

  6. 日テレ・尾崎アナ、トレーニングで体幹ガッチリ! シェイプアップでぽっちゃり卒業、ふらふらもしません

  7. 【プロ野球実況中継】DeNA移籍の大田、ハマスタで新たなヒーローになれ! 打つだけでなく守備力と走力も魅力、30歳でも身体のキレ変わらず

  8. 「笑点」存続のピンチ!三遊亭円楽が脳梗塞で緊急入院 命に別条なしも仕事の復帰は未定 春風亭昇太、林家たい平はコロナ感染

  9. 大関昇進会見に異例同席、御嶽海の母マルガリータさん 注目度の高さは息子以上!? NHKアナも質問、ファン期待に応える好判断

  10. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】平清盛と後白河法皇(松平健と西田敏行) 名優2人の“腹黒”演技から目が離せない