週間BSマップ

萌える「職人技」カメラの名機「ライカM3」をオーバーホール 「名品再生~ネオレトロの世界~」(10月23日(土)午後10時30分BSフジ) 1/1ページ

BSフジ提供
BSフジ提供

 23日午後10時30分からBSフジで放送されるのが、「名品再生~ネオレトロの世界~」です。

 靴、時計、オーディオ、アンティーク家具などを、達人たちがメンテナンスしていく様をじっくり見られる番組です。

 この番組の主役はあくまで“モノ”。一流のお店、一流の職人の元へ出向き、達人たちに新たな光と血を与えられる様子はワクワクします。

 こういう番組、ありそうでなかったですね。私が小学生の時、実家の風呂場の壁のタイルが古くなったので、2~3日工事をしたことがありました。小学生の低学年の私は、職人さんの仕事をじっくり見ていた記憶があります。実に狭い場所にタイルを貼っていく場面は、子供ながらにワクワクドキドキしたものです。タイルをその場所に合わせた大きさに加工し、微調整しながらもテキパキと貼っていた様子を今でもハッキリと覚えております。私の職人さんへの尊敬はあそこで生まれたんだと思います(なぜか落語になっちゃいましたが…)。

 今回の名品再生は、カメラの名機『ライカM3』と、アメリカの老舗シューズブランド『オールデン990』を紹介。ライカのM3はクラシックカメラの匠によるオーバーホールの様子を、オールデン990は世界的靴職人による靴再生の様子を見せてくれます。

 これ、本当に萌えますよ!(人生で初めて「萌える」って言葉使ったけど、合ってるかな?)

 テレビ番組なので、スタッフの方がどんな作業をしているのか職人さんに聞いてくれて、職人さんが丁寧に答えてくれるのですが、個人的には会話がなくてもいいくらい。職人さんの手元、視線、表情、首の傾きなど、その様子全体を見ているだけで十分に楽しいのです。なんなら、職人さんの仕事の様子だけで酒が飲めますね。

 高いものを買って長く使いたい大人向けの番組でもありますが、「自分がなにしたいかわからない」とか言っている若者、この番組を見るべし! (立川志らべ)

zakzak

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  4. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  5. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  6. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」

  7. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  8. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  9. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  10. 「重点措置」適用拡大、2年前から代わり映えしない対策…「日本は『ウィズコロナ』『ポストコロナ』のビジョンが希薄すぎる」 村中璃子氏が苦言