「調布-明大前で殺す」京王線ジョーカーの“周到で無謀”な計画 消費者金融から数十万円の借金も1/1ページ

東京都調布市を走行していた京王線特急の乗客刺傷事件で、殺人未遂容疑で逮捕された服部恭太容疑者(24)が、「走行時間が長く、逃げ場のない京王線特急の調布―明大前駅間で殺すと決めていた」という趣旨の供述をしていることが分かった。残忍な大量殺人を周到に計画する一方、消費者金融から数十万円の借金を重ねて返済しないなど自暴自棄の側面も浮かぶ。

捜査関係者によると、服部容疑者は京王八王子駅近くのビジネスホテルに9月末から滞在。普段から同駅を利用していたとみられ、「いつも使っている京王線での犯行を決めていた。人が多い新宿行きの列車で走行時間が長く、逃げ場のない特急の調布―明大前駅間を狙った」という趣旨の供述をしているという。

10月31日午後8時ごろ、服部容疑者は国領駅付近を走行中の車内で男性会社員(72)に殺虫スプレーを噴射してナイフで刺したとされる。男性は意識不明の重体。さらにライターオイルをまいて火を付けたとみられる。

犯行当時、オイルライター5個のほか、ペットボトルに入った大量のライターオイルや殺虫スプレー、刃物を所持。「殺虫スプレーで相手を弱らせて多くの人を刺そうとしたがうまくいかず、火を付けて多くの人を殺そうと思った。火にスプレーを使えば爆発することも知っていた」などと供述している。

服部容疑者は、仕事上のトラブルで6月ごろに勤務先を辞めた後、刃渡り約30センチのナイフを購入した。7月ごろに地元の福岡市を離れ、神戸や名古屋を転々とし、9月末に上京、八王子市内のビジネスホテルに滞在していた。

約350ミリリットル入りのオイル缶10個やジッポーライター5個を東京・上野の専門店などで購入したと供述。コンビニでもオイル缶を買い足し、2リットルのペットボトル1本と、500ミリリットルのボトル4本に移していた。さらに殺虫スプレー、米人気コミック「バットマン」シリーズの悪役ジョーカーの衣装などを購入、ハロウィーンでの犯行に向けて準備を進めていた。

この間、消費者金融から少なくとも数十万円借金しており、逮捕時の所持金は数千円だった。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  4. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  5. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  6. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  7. 【マンション業界の秘密】「利用価値」で決まる不動産の資産価値 マンションなら家賃の何年分であるか

  8. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  9. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  10. 「重点措置」適用拡大、2年前から代わり映えしない対策…「日本は『ウィズコロナ』『ポストコロナ』のビジョンが希薄すぎる」 村中璃子氏が苦言