有本香の以読制毒

今こそ祝おう「明治節」 保守系を中心に「文化の日」を「明治の日」に改称しようという動きが活発に1/1ページ

11月3日は「文化の日」。国民の祝日と定められてはいるが、一体「どんな由来の祝日か」と聞かれて、即答できる人は残念ながら多くなかろう。皇居で文化勲章の親授式が行われたというニュースや、文化の日を中心に芸術祭が開催されたりすることから、「文化振興の日」とのみ思っている人も数なくないだろう。

しかし、それは誤解に近い。この日に、日本中の港や基地に停泊している海上自衛隊の艦艇で「満艦飾(まんかんしょく=停泊中の軍艦が艦全体を信号旗・万国旗などで飾りたてること)」が行われる、といえば、少しは違うイメージを持つ人がいるだろうか。

実は、この11月3日は明治天皇の誕生日にあたり、明治期には「天長節」、昭和初期、終戦までは「明治節」として祝日とされていた。ただし、1946(昭和21)年には日本国憲法が公布された日となり、その憲法が「平和と文化」を重視していることから、2年後の48(同23)年に施行された祝日法で、「文化の日」と定められたのである。

日本国憲法は、公布から半年後の47(同22)年5月3日に施行された。そのため同日が憲法記念日として国民の祝日となったのだが、ここにも終戦直後の占領軍(GHQ)と、われわれの先人との一種のつばぜり合いがあったと伝えられる。

当時、参院の文化委員長として祝日法制定の際に中心的役割を果たした小説家の山本勇造(山本有三)らは、11月3日を憲法記念日とすることを強く主張したが、GHQ側が「11月3日だけはダメだ」と主張。結局、衆院が5月3日を憲法記念日とすることに同意してしまったため、参院側が孤立する羽目に陥った。

そのとき、GHQ側から突然、「憲法記念日という名称でない記念日ならよい、しからば何という名がいいか」と持ちかけてきたのだという。

記録を見ても、「文化の日」が「明治節」と直接の関係をもって決められた証拠は見つからないが、当時の国会答弁や状況から、明治節に憲法公布の日を合わせた可能性は十分に考えられる。

近年、この「文化の日」を「明治の日」に改称しようという動きが、保守系の国会議員や民間の識者の間で起きている。その中心には、先の自民党総裁選に出馬した高市早苗政調会長らの名前があり、自民党以外では日本維新の会の一部議員の名前もある。一方、保守系の識者の中には、この動きに慎重な意見や異論もある。

天皇陛下の誕生日が祝日になることには異論はないが、現状、「昭和の日」があり、さらに「明治の日」を設けるなら、「大正の日」は設けなくてよいのか。歴代天皇すべての方にお誕生日があるのに、特定の天皇の生誕日だけを祝日とすることには違和感があるという意見だが、これももっともではある。

しかし、筆者は「明治の日」への改称に賛成だ。「近代日本の父」であり、「大帝」と称される明治天皇の偉業と逸話に、百田尚樹著『新版 日本国紀』(11月17日発売)の編集作業を通じて改めて触れたからだ。

明治天皇は「君臨すれども親裁せず」を体現し、日本に優れた立憲君主制を根付かせた偉人である。しかも、徹底した質素倹約の日々を送り、冬も暖房は火鉢一つ、一年中軍服で通し、古くなってもツギを当てて着用した。「すべては国民とともに」の精神を貫かれた大帝の歩みを、いまこそ大切に振り返るべきではないか。

明治を尊ぶことを左派は異常に嫌うが、明治の近代化と大帝の大御心こそが、当世流行りのSDGs(=持続可能な開発目標)を達する最高の手本である。

■有本香(ありもと・かおり) ジャーナリスト。1962年、奈良市生まれ。東京外国語大学卒業。旅行雑誌の編集長や企業広報を経て独立。国際関係や、日本の政治をテーマに取材・執筆活動を行う。著書・共著に『中国の「日本買収」計画』(ワック)、『「小池劇場」の真実』(幻冬舎文庫)、『「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史』『「日本国紀」の天皇論』(ともに産経新聞出版)など多数。

zakスペシャル

ランキング

  1. 対中非難決議、五輪前に出せるのか? 茂木氏「今国会で成立できる」と言及も… 石平氏「日本の人権感覚が問われる」

  2. 感染過去最多も「緊急事態宣言」〝回避可能〟 医療関係者見解「治療薬に効果」「医療逼迫ないかも」 「第6波」で1都12県に「重点措置」

  3. 【スポーツ随想】鉄人・玉鷲が金星も素直に喜べぬ大相撲の〝お寒い現状〟 朝乃山再浮上のころには横綱、大関不在⁉

  4. 【サクラと星条旗】カルロス・ゴーン事件から3年…日本に〝幽閉〟された元側近 孫にも会えず、米国では「日本でビジネスするなら気をつけろ」、釈放求める声も 3月3日判決

  5. なぜポテトはSのままなのか 日本の港がコンテナ船にスルーされる現実も

  6. 異例の発表、米原潜「ネバダ」のグアム寄港 中国・北朝鮮を牽制 米CNN報道

  7. 【日本の解き方】不安な政府のオミクロン対策…「柔軟な対応」強調するが、先読まず場当たり対応目立つ 菅政権より仕事をしていない

  8. 自衛隊幹部の「画像流出騒動」で危ぶまれるセキュリティ問題

  9. 消えぬハッキング疑惑、中国習政権に各国〝総スカン〟 北京五輪開幕前に欧米は個人用スマホ持ち込み手控え 識者「帰国後の使用継続は危険」

  10. 前澤友作氏に“新恋人” お相手は16歳差のドラマー梅村妃奈子 昨年4月に剛力彩芽と破局