夕刊フジ×キイストン 飲食業新時代への挑戦

常識覆す「30分後が一番おいしいパスタ」 独自デリバリー戦略(エフ・エフ・アルファ) 1/1ページ

兵庫・淡路島産はじめ国産食材にこだわった和食店「淡路島と喰らえ」や薬膳レストラン「10ZEN」などを都内に展開するエフ・エフ・アルファ(東京都新宿区、渡辺真人社長、https://ff-alpha.com/)。

戦略的に渋谷や新宿など都心のターミナル駅に店を構えていたが、コロナ禍のリモートワーク推進により、利用者が激減。特に和食店は客単価が高く、企業の接待での利用が多かったため、店舗数はコロナ前の半分の5店舗まで減り、残ってはいても再開のめどが立っていない店もある。

他社と同様、デリバリーを開始しようと1度目の緊急事態宣言中の昨年4月に準備を開始。当時、ウーバーイーツへの登録が2カ月待ちという状況で、夏には開始にこぎつけたものの、既存店の和食メニューを扱ったところ、まったく注文が入らなかったという。

「どうしたらいいのか、やり方がまったく分からない」と、外部のコンサルタントに「ウーバーイーツで売れる店舗を30業態教えてほしい」と相談。出てきた30業態のお店をすべて作ることに挑戦した。営業していない店舗のスタッフの手が空いてはいたが、みな和食の料理人。スイーツや洋食を1から学ぶ事態となった。

当時開発した30業態の中で、今も残っているのは2~3業態ほど。そのうちの1つ、生パスタを提供する「和太利庵(わたりあん)」が思わぬヒットとなった。「そもそもデリバリーで、のびたらまずいパスタは無理なのでは?」という常識を捨て、「30分後が一番おいしいパスタ」を本気で開発したのは、デリバリーで求められている料理であるにも関わらず、競合が少なかったからだ。

茹で時間やソースの固さを研究し、客に届く頃が食べ頃のパスタを作り上げた。また、配送料が上乗せされた金額が客にとっては商品の値段になることを踏まえ、価格設定も精査した。現在、和太利庵はFC含め全国に50店舗の規模となり、200店舗を目標としている。

ステーキとハンバーグの名店「肉と米 ハジメ」とコラボしたデリバリーも好調で、8月からFC展開を開始した。ここは、エフ・エフ・アルファが既にある人気店の第1号加盟店という形式をとり、オペレーションや保管・物流のノウハウをパッケージにして展開していく。

自社ブランドと名店とのコラボ合わせて24ブランドを保有するまでになった同社。ゴーストレストランで成功するための、ターゲットや注文時間が重ならないような複数業態導入のノウハウに自信を持つ。現在は、いまだ苦境にある店や企業に対し、加盟料やコンサル料なしでの提案を行っている。 (取材・福士由紀)

サンプル HTML ブロック

zakスペシャル

ランキング

  1. なぜポテトはSのままなのか 日本の港がコンテナ船にスルーされる現実も

  2. 感染過去最多も「緊急事態宣言」〝回避可能〟 医療関係者見解「治療薬に効果」「医療逼迫ないかも」 「第6波」で1都12県に「重点措置」

  3. 【スポーツ随想】鉄人・玉鷲が金星も素直に喜べぬ大相撲の〝お寒い現状〟 朝乃山再浮上のころには横綱、大関不在⁉

  4. 【サクラと星条旗】カルロス・ゴーン事件から3年…日本に〝幽閉〟された元側近 孫にも会えず、米国では「日本でビジネスするなら気をつけろ」、釈放求める声も 3月3日判決

  5. 対中非難決議、五輪前に出せるのか? 茂木氏「今国会で成立できる」と言及も… 石平氏「日本の人権感覚が問われる」

  6. 【日本の解き方】不安な政府のオミクロン対策…「柔軟な対応」強調するが、先読まず場当たり対応目立つ 菅政権より仕事をしていない

  7. 【突破する日本】「台湾有事」でロシアは中国を支持する 有事の際には尖閣諸島も巻き込まれるため人ごとではない 日本の備えは不十分

  8. 【経営者目線】ワタミ「天才のり弁」で2600億円市場をとりにいく!! 東京都の飲食店が今いちばん苦しい状況

  9. 消えぬハッキング疑惑、中国習政権に各国〝総スカン〟 北京五輪開幕前に欧米は個人用スマホ持ち込み手控え 識者「帰国後の使用継続は危険」

  10. オミクロン株、日本はいつピークアウトする? 11都県に「蔓延防止等重点措置」検討 英・南アは感染者数が1カ月で急減