鉄ドル・伊藤桃 “ぐう渋”居酒屋の旅

お酒を飲むために登山…たまにはそんな休日も 筑波山頂駅「たがみ」1/1ページ

けんちん汁のよう。具だくさんのつくばうどん
けんちん汁のよう。具だくさんのつくばうどん

天高く馬肥ゆる秋。緊急事態宣言も明け、絶好の行楽シーズンがやってきました。山を彩る紅葉、眼下に広がる眺望を味わいながら、おいしい澄んだ空気の中、山頂で飲む一杯…これぞぜいたくな一杯です。

今回は都会を離れ、日本百名山でもある筑波山に行ってきました。筑波山の山頂近くまではケーブルカーがあり、比較的楽に行くことができます。筑波山頂駅近くには食堂が連なり、今回紹介するのもその中の「たがみ」さん。

ビールなどお酒を飲むことができて、メニューももつ煮込み、おでん盛り合わせ、みそ田楽とお酒のアテにぴったりのものもあります。〆は名物のつくばうどんで決まり。窓際にすわり、どこまでも広がる眺めを見つめつつ飲む缶チューハイは、いつもの数倍おいしい味がしました。

「たがみ」ができたのは戦時中。今のお母さんで3代目です。にこにこ笑顔がかわいいお母さんが、いろいろな話を教えてくれました。かつてこの辺りには今の2倍は「たがみ」のような食堂兼土産屋があったこと。高校生の頃から「たがみ」を手伝いにきていて、筑波山に魅せられて店を継いだこと…。そして現在、後継者がいないからきっと自分の代で終わりだということ。

「それでも、ここが私の居場所だから」といとおしそうに店内を見つめるまなざしが印象的でした。お酒を飲むために登山。そんな休日もたまにはいかがでしょうか。

■「たがみ(田上売店)」は茨城県つくば市筑波1 筑波山山頂(029・866・1014)。※コロナ禍のため営業時間は変動する場合があります。

■伊藤桃(いとう・もも) 鉄道アイドル、タレント。3月11日生まれ、青森県出身。青山学院大学文学部卒業。JR全線完乗した乗り鉄。渋い居酒屋めぐりも趣味。FM狛江『伊藤桃の小田急全駅ものがたり』(毎月第3、5日曜)に出演。ヴィレッジヴァンガードサイトでコラム連載中。著書に『小田急全駅ものがたり』『桃のふわり鉄道旅』。頑張る居酒屋をインスタグラム(https://www.instagram.com/itomomo_kaya/)でも応援中だ。スペースクラフト・エージェンシー所属。

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  7. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  8. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  9. 経済版「2プラス2」新設へ 日米オンライン首脳会談、バイデン政権の狙いは中間選挙見据え「支持率UP」と中国に非常に甘い「日本牽制」

  10. 飲食店社長が激白、自治体要請の〝矛盾〟「休業要請の有無によって業績に大きな開き…本来あるべき姿ではない」 「地方への支援金」の拡充を