ベストセラー健康法

ワクチン頼みになりきってしまうのではなく、内なる力高めてコロナと共生 「新型コロナ ワクチンよりも 大切なこと」1/2ページ

「新型コロナ ワクチンよりも 大切なこと」(講談社 1650円税込)
「新型コロナ ワクチンよりも 大切なこと」(講談社 1650円税込)

ワクチンを打つべきか、避けるべきか―。新型コロナウイルスという共通の敵と対峙しながら、「賛成派」と「反対派」が対立するという、異常事態を招いている人間社会。少し頭を冷やすためにも、ぜひ読んでおきたい本を紹介する。

新型コロナウイルス感染症を扱う番組で、以前はよく使われていたのに最近はめっきり効かなくなったフレーズがある。「正しく怖がる」だ。

いわゆる「感染者数」の増減に一喜一憂するのではなく、正しい知識を持って行動する必要があるのだが、果たしてどれだけの人がそれを実践できているのだろう。

『新型コロナ ワクチンよりも 大切なこと』(講談社刊)を読むと、コロナに対する姿勢を改めて考えさせてくれる。

著者の本間真二郎氏は、NIH(アメリカ国立衛生研究所)でウイルス学とワクチン学の研究に当たっていた経験を持つ医師。現在は栃木県那須烏山市にある七合診療所院長として地域医療に取り組む一方、「自然農」(土を耕さず、農薬も使わない)や動物性たんぱくをなるべく摂らない食生活を実践する臨床医だ。

本書で著者が訴えるのは、「自己軸での対策」の重要性。著者は感染症対策を「他者軸」と「自己軸」に分けて解説する。他者軸の対策とは、自分以外のすべてのものに対する対策を指し、新型コロナで言えば、手洗い、うがい、マスク、消毒など、私たちがいま日常で実践しているあらゆる対策で、ワクチンも同様だ。

これに対して自己軸とは、自分自身の内なる力を高める対策を言う。つまり免疫力や抵抗力、解毒力を高める取り組みがそれに相当し、この自己軸の対策を強化することこそが、コロナ対策における根本的なものだ、と強調する。

健活手帖

zakスペシャル

主要ニュース

ランキング

  1. 【政界マル秘紳士録】菅義偉前首相 閣外から安倍氏の遺志を継ぐ覚悟 「『日本を、取り戻す』という原点を忘れない」

  2. 小島瑠璃子、日本を飛び出し中国で再び“無双”返り咲きなるか 来年から語学留学、準備も着々

  3. 【日本の解き方】企業の設備投資に悪い予感 懸念要因は日銀人事後の利上げと岸田政権のケチな補正予算

  4. 【艶グラドル】松井咲子〝ピアニスト美ボディー〟 セクシーポイントは「太ももにあるほくろ」 写真集「delusion」発売

  5. 開催国カタールがまた〝わがまま〟 サッカーW杯前代未聞の開幕1日前倒し 2度目の日程変更

  6. 「一度締め直さなければならない」河野消費者担当相、霊感商法の検討会設置へ 旧統一教会問題で動き出し

  7. 【ニュースの核心】岸田首相らしい世論重視の〝豹変人事〟 「政界屈指の親中派」林氏の留任に疑問 浜田防衛相は防衛費増額で財務省の抵抗を破れ

  8. 機材トラブルがNHK紅白に暗雲呼ぶ!? 〝前哨戦〟音楽番組でVTR10秒フリーズの放送事故 目玉企画・中森明菜の出演交渉も難航か

  9. 【列島エイリアンズ】訪日外国人編(2) 国策としての文化発信に劣る日本…コロナ禍で興味は『梨泰院クラス』の韓国へ

  10. 追悼・鈴木棟一さん 平沢勝栄氏「『古き良き日本人』が逝ってしまった」 徹底した裏付けと確かな記事

ピックアップ連載

連載一覧へ

最新特集記事

特集一覧へ