巨人・菅野、日本シリーズまで「5、6試合投げる」フル回転宣言 きょうCS開幕1/1ページ

原監督が見守るなか練習に臨んだ菅野。日本一のために投げる
原監督が見守るなか練習に臨んだ菅野。日本一のために投げる

プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は6日、セ、パ両リーグともにファーストステージ(3試合制)が開幕。セは2位の阪神が甲子園球場に3位巨人を迎える。第1戦先発の巨人・菅野智之投手(32)は中3日での登板も辞さないフル回転で下克上を狙っている。

「ちょっと期間が空いて、体を休めることができた。万全の状態。残り試合も本当に少ないと思うので、投げても5、6試合くらいだと思う。登板間隔が詰まっても、投げる覚悟でいます」

試合を翌日に控えた4日、練習を終えた菅野はそう決意を語った。

「5、6試合」とは、日本シリーズ進出を見据えたローテーションだ。6日のファーストステージ第1戦からヤクルトと対峙(たいじ)する10日のファイナルステージ第1戦(神宮)、15日の第6戦へ。さらに20日の日本シリーズ第1戦、第5戦と中4日の登板を続ければポストシーズンで5試合に登板することになる。6試合目は日本シリーズ第7戦。中2日でのスクランブル登板まで考慮してのものだろう。

正念場のCSからは制限も取り払う。長丁場のシーズンを戦い抜くうえで投球数の管理は必須だが、「レギュラーシーズン中は意識するけど、明日からの戦いでは意識しない。120球投げても、中3、中4日は覚悟している」とノーブレーキで突っ走るつもりだ。

昨オフに米大リーグ移籍を目指すも、条件が折り合わず残留。推定年俸8億円と球団一の高給取りとなった今季はコンディション不良で4度の登録抹消を経験。6勝7敗、防御率3・19と、額面に見合った働きとは言い難い。それだけにシーズンの掉尾(とうび)を飾るCSと日本シリーズでの働きはシーズンでのつまずきを取り戻すチャンスでもある。

原辰徳監督(63)も「シーズンは本来の力を出し切れていないという点で元気一杯。そのエネルギーをしっかり出してくれると思っております」とハッパを掛ける。

右腕の言う通り、5試合以上の出番が下克上への絶対条件となる。 (片岡将)

zakスペシャル

ランキング

  1. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  2. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  6. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  7. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 経済版「2プラス2」新設へ 日米オンライン首脳会談、バイデン政権の狙いは中間選挙見据え「支持率UP」と中国に非常に甘い「日本牽制」

  10. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も