無免許&人身事故の木下都議に「3回目召喚状」 12月まで“居座り”ならボーナス200万円支給か1/1ページ

木下富美子都議
木下富美子都議

東京都議会は5日、都議選中に無免許運転で人身事故を起こして書類送検されたうえ、都議会を長期間欠席している木下富美子都議(55)に対し、正副議長名で3回目となる「召喚状」を送った。木下氏をめぐる異常事態が継続している。

関係者によると、「召喚状」では、木下氏の所属する「公営企業委員会」の質疑が行われる9日に議長室に出向き、都議会を長期間欠席し続ける理由の説明を求め、都民にも説明責任を果たすよう要請している。

都議会は、先に第3回定例会最終日の10月13日を期限とした1回目の「召喚状」を出したが、木下氏は応じなかった。

2回目は、期限翌日の10月14日付で送られた。11月9、18、25日に公営企業委員会の質疑があるため、この間の出頭を要請する内容だった。今回は、これを念押ししたかたちだ。

木下氏は7月5日の事故発覚後、体調不良として公の場に姿を見せていない。この間、2度も「議員辞職勧告」が全会一致で決議される前代未聞の事態になっている。

ただ、月額81万7600円の議員報酬や、月額50万円の「政務活動費」は4カ月分(計527万400円)支給されている。加えて、12月1日時点で在職していれば、冬の期末手当(ボーナス)約200万円まで満額支給される予定だという。

都議会では、木下氏を念頭に、議会の長期欠席議員を対象にした議員報酬の削減条例案が、議会運営委員会で継続審査となっている。

一部の会派からは、木下氏が出頭要請を拒み続ければ、地方自治法第137条などを適用し、「除名」を含めた懲罰を科せるか検討すべきだとの声も出ている。

zakスペシャル

ランキング

  1. “東証大暴落”100兆円吹っ飛ぶ 新興市場はリーマン・ショック超える惨状 冷淡「岸田ショック」に怨嗟の声、悲鳴に耳は傾けないのか

  2. 【有本香の以読制毒】岸田首相の「適切な蛮勇」に期待 弱腰の米国、さらに増長する中国・ロシア 「ウクライナ侵攻」を止められるのは日本だけか

  3. 現場は〝悲鳴〟ワクチン追加接種遅れ 対象者のわずか16%…国の初動や情報の遅れ 「岸田政権の失策、感染拡大する一方」八幡和郎氏

  4. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】岸田首相は慰安婦問題から何を学んだのか? 韓国の主張を完全論破すべし! 佐渡金山を堂々とユネスコに推薦せよ

  5. 27年の歴史に幕、NHK「ガッテン!」で気になる小野文惠アナの去就 25年間の東京勤務に不満の声も…紅白に続く〝若返り〟策か

  6. 共通テスト問題流出、19歳女子大生への処分と社会的影響 カンニング目的で家庭教師紹介サイトに登録

  7. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】源頼朝(大泉洋) 政子を魅了し、亀を妾に 〝ガッキーを泣かせる〟困った女癖

  8. 【日本の解き方】佐渡金山の世界遺産推薦問題 韓国に配慮していないのなら、論理的に見送りはあり得ない

  9. 賭博容疑で書類送検、英乃海らに大甘処分 相撲協会の“仰天理由” 1場所出場停止で紫雷は「けん責」 キャバ通いで6場所停止、朝乃山と違いは

  10. 殺人未遂で立てこもりの男逮捕、人質の医師は心肺停止 捜査員との電話交渉で「大丈夫だ。救出してほしい」と伝えるも 埼玉・ふじみ野