華川瑶香の未来を輝かせる占星術

11月は「金星」が山羊座に滞在 前向きに行動を始めてみると金運UP1/1ページ

愛と美とお金の星「金星」が11月は山羊座に滞在する。人から認められたい気分になる人が増えるほか、意外と身近な所にチャンスや豊かさは潜んでいることに気づける人も増えてきそう。「不足感」や「心配」や「不安」は一番金運を下げてしまう。今持っている豊かさに感謝しながら、前向きに行動を始めてみると金運UPできる星まわり。

★11月7~13日の運勢★

牡羊座(3/21~4/19) 意欲が湧いてくる。特に仕事面では、もっと活躍したいという気持ちになれる週。好情報にも恵まれる週なので、知りたいことはとことん調べてみると吉。辛い物を食べるのも吉。【色】ボルドー【数】8、10【物】チゲ鍋、スニーカー

牡牛座(4/20~5/20) 視野が広がる。紅葉鑑賞や遠出、神社参拝も運気UPのきっかけとなるので、気分転換にも力を入れてみて。金運も好調。旅先でのクジ購入も◎。仕事は熱い人と組むと成功。【色】赤【数】7、8【物】幕ノ内弁当、旅行カバン

双子座(5/21~6/21) 超多忙。面白い情報や仕事、誘いがたくさん来るけれど、今週は優先順位を考えることが大切。一番やりたいことから着手を。体力には恵まれるけれど、目の疲れや不調には注意して。【色】緑【数】6【物】ニラ、野菜スムージー

蟹座(6/22~7/22) 変化運。特に人間関係や人との関わり方が変わってきそう。疲れる人や手がかかる人とは一線を引き、一緒に居て楽しくスムーズに動ける人との関わりを優先して。クジ運は週前半が好調。【色】ピンク【数】5【物】ぶどうジュース

獅子座(7/23~8/22) 環境の変化で運気UPできる週。断捨離や模様替えで環境を整えてみて。特にクローゼットや引き出しの中は徹底的に整理整頓を。引越を考えている人は好条件の物件と出会える週。【色】紫【数】4【物】軍手、新しいスリッパ

乙女座(8/23~9/22) 情報過多になりやすい週。知的好奇心が旺盛になるので、勉強に力を入れると楽しめる週だけど、趣味や勉強は一点集中型で取り組むのが吉。古いパソコンや携帯電話を買い替え時。【色】黄色【数】3、5【物】メモ帳、味噌汁

天秤座(9/23~10/23) 自分にも人にも優しくなれる週。気を使い過ぎるより自然体で人と関わるようにすると、公私共に楽に生きられるようになる。金運は上昇中。衝動買いには注意して。クジ運は週末が◎。【色】ローズ【数】2【物】花、宝クジ

蠍座(10/24~11/21) リラックスすればする程、運気UPできる週。温泉やスパ、マッサージなどで、ここ最近の疲れを癒やしてみると吉。人に頼れるものは上手に人に頼ることも大切。クジ運は好調。【色】水色【数】1、2【物】焼肉、アロマ

射手座(11/22~12/21) 金運は好調だけど、対人関係が微妙な週。感情を爆発させやすい今週は発言を慎重に。やつ当たりなども禁物。気分転換には買物が吉。秋のファッションを購入すると気分もUP。【色】紺【数】1、12【物】新しい服

山羊座(12/22~1/19) 魅力的な自分に変身できる週。大胆なイメチェンで、モテ度も人気運もUPできる。SNSで好情報を発見できる可能性も。クジはネット購入にツキあり。健康面では足の不調に注意。【色】ターコイズ【数】1、11【物】水、美容液

水瓶座(1/20~2/18) 新たな扉が開く週。古いやり方や考え方は思い切って手放し、今ワクワクできる方向へシフトチェンジしてみると現状打破のきっかけがつかめる。転職希望の人はチャンス到来。【色】白【数】1、10【物】フライドチキン、香水

魚座(2/19~3/20) アクティブ運。向上心もUPするので、新しい目標が見つかったり、知りたかった情報が見つかる可能性も高い。考えるよりまずは行動してみることが開運の秘訣(ひけつ)に。金運も上昇中。【色】レンガ色【数】9【物】リュックサック

■華川瑶香(かがわようこ) 占星術家・ヒーラー。現在までに6000人以上の依頼者を鑑定。専門は西洋占星術、風水、シータヒーリング他多数。著書は「誕生日☆事典」(KADOKAWA)他。http://presenttime.jp/

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  5. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  6. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  7. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  8. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  9. 経済版「2プラス2」新設へ 日米オンライン首脳会談、バイデン政権の狙いは中間選挙見据え「支持率UP」と中国に非常に甘い「日本牽制」

  10. 本田真凜と交際、キッカケは宇野昌磨の“立候補” 2人の母親も同席し笑顔で拍手「週刊女性」報道