BOOK

必要なのは健康と友達 『オレたちひょうきん族』で気絶しながら仕事、46歳では乳がんに… タレント・山田邦子さん『生き抜く力』1/3ページ

お笑いタレントの山田邦子。「生き抜く力」を出版=26日、東京・三田のアスリート・マーケティング(酒巻俊介撮影)
お笑いタレントの山田邦子。「生き抜く力」を出版=26日、東京・三田のアスリート・マーケティング(酒巻俊介撮影)

東京の下町で育ったお笑い好きの少女が〝勘違い力〟を武器に芸能界にデビューして40年。「テレビで見ない日はない」という絶頂期と低迷期を経験しながら、何事も一生懸命で純粋に、たくましく生き抜いてきた山田邦子さん。挑戦を続けるパワーの源は何だろう。(文・高山和久/写真・酒巻俊介)

――還暦という節目の年に刊行。書名も力強い

「たいした人生じゃないですからお誘いをお断りしていたんですが、60歳になってもう一度自分を振り返ってもいいかなと思い、気合を入れて書きました。『生き抜く力』というタイトルの中には〝息を抜く〟という意味も込められています」

――東京の下町に生まれ育ち、近くには寄席も

「人形町末廣があった頃で、ちょくちょく通っていました。7、8歳の頃、初代(林家)三平さんの高座にわざと少し遅れて入ると『いま来ると思いましたよ、かわいいお嬢さん。はい、座って』と三平さん。そのとき、私がわざとつまずくと客席が沸く。今思うと嫌な子供だと思ったでしょうね。私のネタを拾ってくれる『さすが三平さんだ!』と思いましたね。私の住んでいた町には、こういう噺家さんやお相撲さんも歩いていたし、芝居がはねた歌舞伎役者さんが近所のドジョウ屋さんによく来ていたという環境なので、有名人との距離が近かったという感じ。その世界に簡単に足を踏み入れることができるのでは…。そんな勘違いがあったから、今の私があるんですね」

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  3. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】中森明菜、レコ大連覇へ周囲はピリピリ 「ノンフィクション・エクスタシー」は不振

  4. 【有本香の以読制毒】尖閣もウイグルも出てこない…岸田首相の施政方針演説の“空疎”に驚く 自国の重大課題、北の拉致問題も他力本願に

  5. オミクロン株の厳しすぎる基準で〝全国民が濃厚接触者〟認定の危機 東京では2月に140万人も 専門家はやみくもな検査急増に警鐘

  6. 永島優美アナ、遅咲きブレイク フジ女子アナは「堅実路線」にシフト

  7. 佐渡金山の世界遺産推薦見送り問題 高市氏が林外相を追及!「国家の名誉に関わる。年度内にすべきだ」「韓国への外交的配慮あるのか」

  8. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  9. バラエティー、ドラマ、グループで…芸能界深刻、オミクロン拡大 佐々木希、小島瑠璃子、小峠英二、ディーン・フジオカら次々と感染 検査機会も多く

  10. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」