スマートライフ×リアルライフ

100%に保つ必要なし!スマホバッテリーが劣化する「充電しっぱなし」をやめよう!!1/1ページ

充電しっぱなしをやめよう!!
充電しっぱなしをやめよう!!

緊急事態宣言が明け、飲食店への時短要請も解除されつつある。世の中はなんとなく元のもくあみ的に生活が戻りつつある。一方で、新型コロナウイルスは世界各地で変異を続けている。油断は禁物だ。様変わりしてしまった生活様式に慣れてしまったという人もいるだろうが、自粛生活はもうカンベンと思う人も多いはずだ。

とはいえ、いまだ自粛ムードが続く中では、日常的に身につけているスマホのケアにも留意したい。

この1年ほどの間、自宅にいる時間が長くなったので、充電しっぱなしでバッテリー残量はいつも100%だったという人も多いかもしれない。だが、残量100%の状態が続くと、バッテリーの性能に影響を与える可能性がある。もちろん、最近のスマホには充電制御の機能が実装されているので、100%の状態が続いても、それがすぐに悪影響を及ぼすわけではないが、ほんの少し気を使うだけで、性能の劣化を最小限に抑えることができる。

まず、翌日に出かける予定がないときには、寝ている間に充電しっぱなしという状態をやめる。最近のスマホは1時間未満でも半分以上を充電できるので、朝起きてから充電を始めても、その日使える量の電力を十分に蓄えることができるはずだ。

家にいる間、充電しっぱなしなのもよくない。90%台になったあたりで充電をやめてしまおう。

もちろん、突然の災害などに備えて、ある程度の充電量は確保しておく必要がある。災害時にスマホが充電不足で使えないと大変だ。だが、常に100%に保つ必要はない。

バッテリーは消耗品で、経年変化で性能は劣化していく。その結果、新品のときに比べて数割、性能が低下するのも珍しくはない。こうした減少を最小限にするために、スマホにはバッテリー充電を最適化する機能が搭載されている。

たとえばiPhoneは毎日の充電傾向を把握し、80%以降の充電を遅くするような機構になっている。しかも、この充電制御機能は、自宅や職場など長い時間を過ごす可能性が高い場所でのみ働く。旅行や出張などでは常に高速に充電したいことが多いに違いないということを判別するわけだ。

こうした機能を有効に生かすとともに、自分自身でも、スマホのバッテリーは常に100%でなければ落ち着かないという気持ちを抑えることも重要だ。

スマホのバッテリーの劣化は、場合によっては内蔵バッテリーの膨張などを起こすこともある。内部が膨らみ、それが外装をはがすように力が働いてしまうこともあるのだ。

専門家によれば、それでも安全だということだが、副作用として他の部品の配線などに影響し、正常な稼働ができなくなってしまう可能性もある。

バッテリーは消耗品だ。交換するには、専門の業者に持ち込む必要があり、費用もかかるし時間もかかる。現状では、バッテリーの寿命は機器の寿命にも等しい。しかし、ここで述べたようなちょっとした工夫をすることでバッテリーの寿命は延び、結果としてスマホの寿命は延びるのだ。 (山田祥平)

zakスペシャル

ランキング

  1. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  2. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  7. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も

  10. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」