勝負師たちの系譜

初代白玲・西山朋佳女流三冠、ファン期待の男性棋戦への参戦は?1/1ページ

4連勝で初代白玲に輝いた西山女流三冠(日本将棋連盟提供)
4連勝で初代白玲に輝いた西山女流三冠(日本将棋連盟提供)

女流棋界の最高棋戦として誕生したヒューリック杯白玲戦・順位戦は、決勝が女流棋戦初の七番勝負として、9月11日からスタートした。

白玲戦の優勝賞金は1500万円という、男性のタイトル戦並みの金額で、誰が初代の白玲になるかが注目された。

決勝に残ったのは西山朋佳女流三冠と、渡部愛女流三段。西山は里見香奈女流五冠とでタイトルを二分する、大本命の一人だ。

渡部はその里見を破って七番勝負に進出した実力者で、女流王位獲得の実績がある。

第1局は、東京都港区の『グランドニッコー東京 台場』での対局。先手番の西山は、得意の中飛車から穴熊に組み、双方が穴熊に。相手の飛車を目標にして西山が有利な戦いに進めた。終盤に入っても西山は、相手の穴熊を先に攻略し、完勝で勝利した。

第2局以降も、渡部は西山の振り飛車に対抗できず、ズルズルと後退。

第4局も桂得となった渡部にチャンスがあるかと思えたが、一手ひるんだことで、相手に立ち直られて敗戦。

結局西山は、七番勝負を4勝0敗で制し、里見と並んで四冠(当時)となった。正直言って渡部との実力差を見せつけた訳で、渡部が西山を破るには、かなりの努力が必要かと思う。

この白玲戦で西山が優勝したことで、一つ思ったことがある。それは西山に男性と同じ四段を期待するファンの声である。

これから四段の道を目指すには、男性棋戦の公式戦で既定の成績を取れば、プロ棋士との五番勝負で、フリークラス入りできるという制度がある。

この制度で棋士になったのが、今泉健司五段らだ。

西山は公式戦ではかなり勝率が良いから、目指せば十分可能性はあるかと思う。

ただし女流棋戦だけでもこの白玲戦の他、賞金が公表されている棋戦は、大成建設杯清麗戦の700万円、マイナビ女子オープンとリコー杯女流王座戦の500万円があり、非公表の4つの棋戦を合わせると、かなりの金額になる。

それで十分かどうかは別にして、もし女流棋士が男性棋戦もフルで出場したら、タイトル戦だけで16棋戦となり、対局の日程がつかないだけでなく、体を壊す恐れもある。

そう考えると棋戦が増えたことはありがたいが、ファンの期待に応えにくい状況になったのかもしれない。

■青野照市(あおの・てるいち) 1953年1月31日、静岡県焼津市生まれ。68年に4級で故廣津久雄九段門下に入る。74年に四段に昇段し、プロ棋士となる。94年に九段。A級通算11期。これまでに勝率第一位賞や連勝賞、升田幸三賞を獲得。将棋の国際普及にも努め、2011年に外務大臣表彰を受けた。13年から17年2月まで、日本将棋連盟専務理事を務めた。

zakスペシャル

ランキング

  1. 安倍氏・高市氏ら猛反発!佐渡金山の世界遺産推薦見送り 「日本には後ろめたいことがある」世界に間違った印象も 「岸田政権は韓国の術中にハマった」識者

  2. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も

  3. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  4. コロナ重点措置でマラソン大会中止ラッシュ 川内優輝選手が語る「政府への疑問」

  5. 【ニュースの核心】危うい対中融和、岸田政権〝楕円の理論〟 首相と外相が一字一句違わず「共存」目指すような発言、消し去られた日米共同声明

  6. 【トップ近況】小型車が次世代の主流に 「2025年はEV時代への分水嶺」 日本電産・永守重信会長

  7. 【寅年女いい女2022】王林 郷土溢れる津軽なまりの〝非〟天然キャラ スタイルは一流モデル並み

  8. 高齢者受けにくく…「無料検査」の弊害 オミクロン株「検査を実施せず臨床症状のみでの診断を」ピークの2週間後へ専門家提言

  9. 韓国に配慮!?「佐渡金山」世界遺産推薦見送りか 強制労働の主張や反発に「難航が予想」と読売・TBSが報道 「岸田政権の信用失う」識者

  10. 仏下院「対中非難」採択…「ウイグル弾圧はジェノサイドに相当する」と明記 情けない日本の決議案