セ・リーグ新人王 夕刊フジ記者の選考理由を大公開! 塚沢記者「栗林の防御率0点台は大魔神、球児級」1/2ページ

■栗林良吏(広島ドラフト1位1年目)53試合登板投球回52回1/30勝1敗37セーブ(新人最多タイ、リーグ2位)防御率0.86開幕から22イニング連続無失点(新人記録)20試合連続セーブ(歴代2位タイ)
■栗林良吏(広島ドラフト1位1年目)53試合登板投球回52回1/30勝1敗37セーブ(新人最多タイ、リーグ2位)防御率0.86開幕から22イニング連続無失点(新人記録)20試合連続セーブ(歴代2位タイ)

史上最高レベルの呼び声高い今季のセ・リーグの新人王争い。かねて本命視されてきたのが、開幕から広島の抑えを務めた栗林良吏投手(25)だ。リーグ2位の37セーブ、驚異の防御率0.87でシーズンを全うしたうえ、今夏の東京五輪でも侍ジャパンの守護神として金メダルに貢献するなどフル稼働した。10月に打率.452の猛チャージで対抗馬となったのが、こちらも開幕からDeNAのレギュラー野手として奮闘した牧秀悟内野手(23)だ。阪神の3人衆、24本塁打の佐藤輝、正遊撃手でリーグ最多30盗塁の中野、規定投球回にわずかに未達も10勝で防御率2.44の伊藤も例年なら受賞に異論の出ない成績。受賞者は5日に始まった投票によって選ばれ、12月15日のNPBアワーズで発表される。投票資格を持つ報道各社のプロ野球担当記者は、甲乙つけ難い有力候補の誰に1票を投じるか、今月16日の締め切りまで大いに悩むことになりそうだ。例年通り秘密投票で実施されるが、夕刊フジは記者4人の選考理由を実名で公開する。

昨年は新人王に選ばれた西武・平良ではなく楽天・小深田に入れた。リリーフより、ほぼ全試合に出場した遊撃手の方が上という持論からだ。だがそれを覆すほど、今年の栗林はズバ抜けていると判断した。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】中森明菜、レコ大連覇へ周囲はピリピリ 「ノンフィクション・エクスタシー」は不振

  3. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  4. オミクロン株の厳しすぎる基準で〝全国民が濃厚接触者〟認定の危機 東京では2月に140万人も 専門家はやみくもな検査急増に警鐘

  5. 【日本の解き方】日銀の物価見通し上方修正で、早期利上げとはしゃぐ半可通 インフレ目標達成はまだ遠く…マクロ経済からかけ離れた議論

  6. 永島優美アナ、遅咲きブレイク フジ女子アナは「堅実路線」にシフト

  7. 佐渡金山の世界遺産推薦見送り問題 高市氏が林外相を追及!「国家の名誉に関わる。年度内にすべきだ」「韓国への外交的配慮あるのか」

  8. バラエティー、ドラマ、グループで…芸能界深刻、オミクロン拡大 佐々木希、小島瑠璃子、小峠英二、ディーン・フジオカら次々と感染 検査機会も多く

  9. 森保ジャパン〝綱渡りの天王山〟主力のケガにオミクロン株余波…ドタバタ続きの舞台裏 中国代表も深刻な状況

  10. 鹿児島大が発見した新種「オシリカジリムシ」にネット民大ウケ「メロディが頭の中に流れ出して止まらなくなった…」「オシリカジリムシつよすぎ…」