巨人・岡本は神宮決戦に間に合うのか? 阪神を反面教師…ヤクルトはベンチワークで翻弄できるほど甘くない1/1ページ

少年時代は虎党の岡本。別メニューの練習中に阪神ファンと語らう=7日、甲子園球場
少年時代は虎党の岡本。別メニューの練習中に阪神ファンと語らう=7日、甲子園球場

セ・リーグ3位の巨人はクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(甲子園)で2位阪神を2連勝で一蹴。だが、10日からファイナルステージ(神宮)で激突するリーグ王者のヤクルトは、トラのようにベンチワークで翻弄できるほどヤワな相手ではない。

甲子園では第1戦で相手が仕掛けたエンドランを完璧に防ぎ、サインプレーが読まれたと疑心暗鬼に陥った阪神はベンチが機能停止。巨人は采配がさえて会心の勝ち方ができた勢いを、神宮にも持ち込みたいところだ。ただ、球団関係者は「あの2試合を見たことで、サインプレーに関して阪神のような隙は見せてくれないはず」と、阪神がヤクルトにとって反面教師になるとみている。

ベンチの采配で圧倒できなければ、選手たちの個の力での打開が必要になってくるが、主砲の岡本和真内野手(25)は左脇腹痛でCS未出場。阪神撃破から一夜明けた8日、原辰徳監督(63)はJR新神戸駅で岡本和について「また少し良くなっているかな。9日にどうかなというところ」と慎重な姿勢を示した。今季の岡本和は神宮での12試合で打率.354と好相性を誇り、6本塁打、19打点は東京ドーム以外のセ球団本拠地でいずれも最多。出てくるか否かで、神宮決戦の空気は大きく変わってくる。

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  7. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  8. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  9. 飲食店社長が激白、自治体要請の〝矛盾〟「休業要請の有無によって業績に大きな開き…本来あるべき姿ではない」 「地方への支援金」の拡充を

  10. 経済版「2プラス2」新設へ 日米オンライン首脳会談、バイデン政権の狙いは中間選挙見据え「支持率UP」と中国に非常に甘い「日本牽制」