映像でみる新選組の魅力

「燃えよ剣」(1966年) 「土方歳三といえばこの人」と親しまれた栗塚旭 床山が「ぱらっ」と垂らす髪形考案1/1ページ

栗塚旭
栗塚旭

1965年、モノクロのドラマ『新選組血風録』に主演し、「土方歳三といえばこの人」とお茶の間に親しまれた栗塚旭が翌年、スクリーンで当たり役を演じた作品。

武州・多摩でケンカに明け暮れる土方は、祭りの夜、鬼面をつけた謎の美女と出会う。女が高貴な身分ゆえに自由がない未亡人の佐絵(小林哲子)と知り、「俺があんたに身分を捨てさせる」と迫るが、うまくいかない。そんな中、土方は宿命のライバルとなる七里研之介(内田良平)と出会う。

東映制作のドラマではひとすじ前髪を垂らし、「近藤さん…」と低い声で男の色気を漂わせる独自のスタイルを作り、端正で生真面目な二枚目イメージだった土方だが、「松竹の時代劇大作」とうたわれたこの映画版では、刀を担ぎ、ほっかむりをして山道を歩き回ったり、女にも手が速いなど、かなりワイルドになっているのが面白い。

やがて近藤勇(和崎俊也=後に和崎俊哉)、沖田総司(石倉英彦)らと京に出た歳三は、対立する芹沢鴨を暗殺。厳しい隊規を定めて内部粛清を繰り返しながら、京の治安維持のため、歴史の表舞台へと躍り出る。歳三は「斬りこんだら一人も逃がすな」「新選組、われわれだけでやる」と鬼の副長として新選組を率いていく。だが、再会した佐絵は勤皇派と通じていた。

栗塚は『新選組血風録』で大人気となった沖田総司(島田順司)とともに、70年のドラマ版『燃えよ剣』にも登場。さらに73年に鶴田浩二が近藤を演じた『新選組』でも土方役となった。さらに大河ドラマ『新選組!』(脚本・三谷幸喜)で、栗塚は歳三の盲目の兄、島田は沖田総司(藤原竜也)が養生する植木屋の主を演じてファンを喜ばせた。この配役にはもちろん、栗塚歳三をリスペクトする三谷の希望があったのだ。

素顔はおちゃめで、殺陣も苦手だった栗塚を「新選組の鬼副長」に仕上げたのは、スタッフの力だった。床山は、中村錦之助(後の萬屋錦之介)の専属も務めた人で、栗塚の広い額に「ぱらっと髪をたらしたらええ」と、あの土方の髪形を考案。衣装さんもいつも背中をパーンとたたいて励まし、送り出してくれたという。栗塚の土方は当時、格が下といわれたテレビから、本編(映画)へと殴りこんだヒーローといえる。 (時代劇コラムニスト)

■燃えよ剣 1966年11月12日公開。市村泰一監督。原作は『週刊文春』で1962年11月から64年3月に連載。映画化、ドラマ化、舞台化も多数の人気作品だ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  4. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  5. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  6. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」

  7. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  8. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  9. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  10. 「重点措置」適用拡大、2年前から代わり映えしない対策…「日本は『ウィズコロナ』『ポストコロナ』のビジョンが希薄すぎる」 村中璃子氏が苦言