森保監督、負けても「続投」の怪 11日ベトナムと激突、試練のアウェー連戦 協会幹部「たとえ3位でもW杯出場できればいい」1/2ページ

ベトナム戦に向け、調整する日本代表イレブン=ハノイ(共同)
ベトナム戦に向け、調整する日本代表イレブン=ハノイ(共同)

サッカーW杯カタール大会アジア最終予選で日本代表は、試練のアウェー連戦の初戦でベトナム代表(日本時間11日午後9時試合開始)との一戦を迎える。

最終予選2勝2敗と大苦戦が続く森保ジャパンには、逆風の嵐が吹きまくっている。それでも日本協会は森保一監督(53)を全面支援する方針は変わらない。

代表監督を評価する立場の反町康治技術委員長(57)は「(敗退して)大きな火事になっても私が消火器をもって消しまくる」と独特の言い回しでコメント。また別の協会幹部は「このアウェーで敗退してもW杯出場がなくなるわけではない。たとえ3位でも出場できればいい」と、最後まで森保体制で乗り切ることを決めている。

日本協会はこの日、海外組11人(古橋、南野、伊東、鎌田、原口、守田、冨安、吉田、板倉、川島、堂安)を乗せたチャーター便が「ロシアでの給油に時間がかかり、ベトナム入りが大幅に遅れる」ことを発表した。

9日午前に現地へ到着し、全体練習に合流する予定だったが間に合わず。約12時間遅れの夜10時に到着し、10日の練習だけで本番に挑むことになった。

zakスペシャル

ランキング

  1. “東証大暴落”100兆円吹っ飛ぶ 新興市場はリーマン・ショック超える惨状 冷淡「岸田ショック」に怨嗟の声、悲鳴に耳は傾けないのか

  2. 【有本香の以読制毒】岸田首相の「適切な蛮勇」に期待 弱腰の米国、さらに増長する中国・ロシア 「ウクライナ侵攻」を止められるのは日本だけか

  3. 現場は〝悲鳴〟ワクチン追加接種遅れ 対象者のわずか16%…国の初動や情報の遅れ 「岸田政権の失策、感染拡大する一方」八幡和郎氏

  4. 27年の歴史に幕、NHK「ガッテン!」で気になる小野文惠アナの去就 25年間の東京勤務に不満の声も…紅白に続く〝若返り〟策か

  5. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】岸田首相は慰安婦問題から何を学んだのか? 韓国の主張を完全論破すべし! 佐渡金山を堂々とユネスコに推薦せよ

  6. 共通テスト問題流出、19歳女子大生への処分と社会的影響 カンニング目的で家庭教師紹介サイトに登録

  7. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】源頼朝(大泉洋) 政子を魅了し、亀を妾に 〝ガッキーを泣かせる〟困った女癖

  8. 【日本の解き方】佐渡金山の世界遺産推薦問題 韓国に配慮していないのなら、論理的に見送りはあり得ない

  9. 賭博容疑で書類送検、英乃海らに大甘処分 相撲協会の“仰天理由” 1場所出場停止で紫雷は「けん責」 キャバ通いで6場所停止、朝乃山と違いは

  10. 殺人未遂で立てこもりの男逮捕、人質の医師は心肺停止 捜査員との電話交渉で「大丈夫だ。救出してほしい」と伝えるも 埼玉・ふじみ野