サクラと星条旗

新庄氏招聘「客寄せピエロ」か、はたまた「名将」か 不可解を超越した日本ハム監督人事 プレーでは才能発揮も…稲葉GMの“制御”必要2/3ページ

新庄氏は足が速く、外野手としてはイチロー氏に匹敵する強肩を誇った。通算打率は・249で外角の変化球が苦手だった。好成績だった2000年のシーズンには打率・278、28本塁打、85打点、15盗塁を記録。2001年にFA権を取得すると、複数のセ・リーグ球団から提示された大型契約のオファーを蹴ってニューヨーク・メッツと年俸20万ドル(メジャー選手最低保障額、当時約2200万円)で契約し、それを聞いた叔父は「何考えてんだ、お前は馬鹿か!」と叫んだとか。

「自分の力を試したい」それが新庄氏の答えだった。「それに俺は野球を楽しみたいんだ」

この契約に、当時米国初の日本人野手としてシアトル・マリナーズと契約したばかりだったイチロー氏は不快感を示していたという。

「一体メッツはなぜあんな奴と契約したんだ?」とイチロー氏がコメントしたと伝えられた。「彼みたいな奴が行けるなら大リーグも近頃はたいしたことない、ということだ。僕と新庄を一緒にするなんて冗談やめてくれ」

■稲葉GMの“制御”必要

予想に反し、新庄氏はニューヨークで才能を見せつけた。大事な場面でヒットを打ち、センターフィールドで素晴らしい守備を見せた。仲間のエラーをカバーしようといつも内野ゴロに向かっていった。米国人野手でこれをやろうとする選手はそうはいない。

実際、当時メッツ監督だったボビー・バレンタイン氏は、ある時熱くなって思わず新庄氏を〝MLB最高のセンター〟と呼んだことがある。だが123試合に出場して打率・269、10本塁打でシーズンを終え、2002年はサンフランシスコにトレードされた。

新庄氏を1970年代にボストン・レッドソックスでプレーしたビル・リー投手と重ね合わせる野球ファンもいる。彼もまた風変わりで歯に衣着せぬコメントから「スペースマン」の愛称で呼ばれた。リーはマオイスト中国、グリーンピース、人口抑制の擁護派を公言していた。ある時はもう少しで審判の耳を噛みちぎりそうになった。マリフアナを使っていることを自慢げに話すこともあった。采配批判が多く、(恰幅の良い)ドン・ジマー監督の容姿を「ジャービル(スナネズミ)」のようだと揶揄した。そのせいもあって1982年には球界からつまみ出された。

私はサンフランシスコで新庄氏に二度インタビューしたが、彼の存在によって球団には大きな混乱が生じていた。118試合に出場し、打率・238、本塁打9本という成績ながら、一挙手一投足を二十数名のリポーターがいちいち書き立てた。当時のダスティ・ベーカー監督は頭を抱えていた。

「同じ人物について毎日質問を繰り返されるのには慣れていない」と彼はため息をついた。「24時間ごとに何を語れと言うんだ?」

新庄氏がベンチで過ごす時間が長くなると当然「新庄パトロール隊」は新しい話題に飢えてくる。あるリポーターは新庄氏がカストロ地区のストリップ劇場やゲイバーに出入りする姿をキャッチし、バーテンや常連客に、このハンサムな若者が店をひいきにしているかどうかと取材して回った。これを聞いた新庄氏は非常に気分を害し、しばらくは日本の取材陣に口を開かなくなり、ジャイアンツのロッカールームへの入室を禁じた。

zakスペシャル

ランキング

  1. 「ポスト習」に3人浮上 中国SNSで〝退陣説〟の怪情報 米中摩擦やコロナ拡大の多事多難 共産党内の一強状態が崩壊か

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 「一生、上に行けない!」清宮のミスに新庄ビッグボスが激怒 誕生日にヒーローになるはずが…「重盗失敗」に指揮官ブチ切れ

  4. 偽オーディションでキス強要、逮捕の無名監督が事件に使った卑劣な脚本

  5. 迫る「22歳定年」ジャニーズタレントの岐路 Sexy Zone・マリウス葉の活動休止、制度に触発か 「ビジネスの勉強」など一部報道も

  6. 【藪から棒球】指導者の育成が急務! 阪神・矢野監督の後任報道に鳥谷敬氏、藤川球児氏も…最低3年、2軍監督で経験積ませるべき

  7. 取り戻した4300万円、凄腕町側弁護士の裏技 捜査の手が及ばないよう〝手切れ金〟として全額返金された可能性も 誤送金問題

  8. 「ゼレンスキーです」玉城沖縄知事が冗談 不真面目との批判に「不用意な発言」として同日中に陳謝

  9. 消えたはずの「日の丸」が映画本編で復活 27日公開「トップガン」続編 予告編ではトム・クルーズのジャケットが別マークに修正も

  10. 「プーチン大統領は来年引退」英MI6元長官が発言「療養所に入所」の見通し 元情報部員も健康不安説に言及、クレムリン「不安定になっている」