サクラと星条旗

新庄氏招聘「客寄せピエロ」か、はたまた「名将」か 不可解を超越した日本ハム監督人事 プレーでは才能発揮も…稲葉GMの“制御”必要3/3ページ

さて新庄氏の監督としての手腕はどうだろう?

それは誰にも分からない。過去を見ればもっとひどい例もある。2015年にマイアミ・マーリンズのGMから監督に就任したダン・ジェニングズ氏は監督やコーチの経験はおろか、プロレベルでのプレー経験すらなかった。シーズンを55勝69敗で終え、その年で解任された。

新庄氏は選手時代のガッツあふれるプレーが人気で、日本ハムの監督となればメディアの注目度は抜群だ。稲葉氏にはGMの立場で「大人のリーダーシップ」を発揮し、球団に品格と知性をもたらすとともに、新庄氏をうまくコントロールしながら采配を振るうことが求められるだろう。

「客寄せピエロ」とみる人もいるかもしれない。だが日本ハムは慣例にとらわれない考え方と成功の思想で知られている。

この型破りな試みが良い結果に結びつく可能性は十分ある。

zakスペシャル

ランキング

  1. 「ポスト習」に3人浮上 中国SNSで〝退陣説〟の怪情報 米中摩擦やコロナ拡大の多事多難 共産党内の一強状態が崩壊か

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 「一生、上に行けない!」清宮のミスに新庄ビッグボスが激怒 誕生日にヒーローになるはずが…「重盗失敗」に指揮官ブチ切れ

  4. 偽オーディションでキス強要、逮捕の無名監督が事件に使った卑劣な脚本

  5. 取り戻した4300万円、凄腕町側弁護士の裏技 捜査の手が及ばないよう〝手切れ金〟として全額返金された可能性も 誤送金問題

  6. 迫る「22歳定年」ジャニーズタレントの岐路 Sexy Zone・マリウス葉の活動休止、制度に触発か 「ビジネスの勉強」など一部報道も

  7. 【藪から棒球】指導者の育成が急務! 阪神・矢野監督の後任報道に鳥谷敬氏、藤川球児氏も…最低3年、2軍監督で経験積ませるべき

  8. 「プーチン大統領は来年引退」英MI6元長官が発言「療養所に入所」の見通し 元情報部員も健康不安説に言及、クレムリン「不安定になっている」

  9. 「ゼレンスキーです」玉城沖縄知事が冗談 不真面目との批判に「不用意な発言」として同日中に陳謝

  10. 昭和天皇の写真をバーナーで焼く…作品は「違法ではない」と地裁 「あいちトリエンナーレ」実行委による訴訟、名古屋市に負担金支払い命令