SPORTS BAR

日本のゴルフ界に吹く“3つの熱い風” 中島啓太の存在、古江彩佳の逆襲、プロテストトップ通過の高校3年生・尾関彩美悠1/2ページ

前途洋々の中島 女子ゴルフ界の隆盛を支える(右から)稲見、渋野、古江
前途洋々の中島 女子ゴルフ界の隆盛を支える(右から)稲見、渋野、古江

立冬(11月7日)、暦の上では冬だが、日本のゴルフ界は熱かった。

以前、このコラムで触れたアマチュアの中島啓太(21)=日体大=の存在。前週「アジアパシフィックアマチュア選手権」(6日最終日、中東ドバイ)で見事優勝。来年のマスターズ出場切符を手にした。日本人アマとしては松山英樹、金谷拓実以来、3人目の快挙だった。

今年9月、「パナソニックオープン」でアマ史上5人目となるツアー優勝。アマ世界ランク1位資格で「全英オープン」「全米オープン」出場権も持つ。「大きな大会でベストパフォーマンスを出すことがプロになる前の準備」。世界を夢見る人生設計、スター誕生の予感がする。

2つ目は、女子ゴルフの古江彩佳(21)の逆襲だ。前週「TOTOジャパンクラシック」で優勝。ここ4戦は優勝、優勝、3位、優勝…。8770万円を稼ぎ、今季の獲得賞金は約2億3059万円。〝目下女王〟稲見萌寧との差は約397万円と猛追である。

残り3大会、昨年の成績は優勝、優勝、2位と相性は抜群。12月に来季の米ツアー出場権を懸けた最終予選会に挑戦するが、女王になれば3年間のシード権を得る。「そこは魅力」と。世界へ、古江が〝鋭い末脚〟を見せるか楽しみである。

zakスペシャル

ランキング

  1. 深刻ワクチン不足に無策 3回目は後手後手、全人口で1・5%の接種率 「ファイザー社は足元を見ているのか、第6波後に届くようなら意味がない」識者

  2. 憔悴する松田聖子の悲痛な胸の内「沙也加の恋人のことはもう終わらせて」

  3. 韓国の圧力に屈するのか!佐渡金山、世界遺産推薦見送り 「韓国側の主張に事実と異なる点」高鳥議員、「日本政府の反論がないのも問題」加藤康子氏

  4. 神田沙也加さんと交際俳優の元恋人 誹謗中傷で憔悴、仕事もいくつか失う

  5. 【芸能ニュース舞台裏】三谷幸喜氏のTV総合司会に不安の声 「新・情報7days」でビートたけしの後任も「耐えられるのか」

  6. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  7. 「自分を見つめ直したい」氷川きよし、活動無期限休止でどう変わる? フェミニンにイメチェン…さらに追求か

  8. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  9. 【トラとら虎】崖っぷち大山悠輔内野手の決意「どこでも守る!!」 背景に昨年の不振、横たわる4番失格

  10. 【芸能ニュース舞台裏】視聴率も演技力も期待値以上、日本エンタメ界に奮起促す菅田将暉の「月9ドラマ」 韓流に一矢報いるか