飲み過ぎ危険! 薬漬けにならないための基礎知識

降圧剤を何種類も出す医者は要注意 降圧剤と糖尿病薬の危険な組み合わせも 薬を飲むよりまず生活習慣の改善を1/3ページ

欠かさず血圧測定を行い、まず生活習慣を見直そう
欠かさず血圧測定を行い、まず生活習慣を見直そう

患者数が1000万人以上とされ、国民病とも呼ばれる高血圧。高齢者の多くが、血圧を下げるための降圧剤を飲んでいます。私もその一人ですが、降圧剤はよほどの高血圧でない限り飲む必要はありません。それは、血圧の基準値というものがあいまいだからです。

血圧の基準値は、現在、収縮期(上)140mmHg未満/拡張期(下)90mmHg未満とされています。つまり、140以上が高血圧なのですが、この基準値はこれまで何度も変更されてきました。

私の経験から言うと、昔は140を超えたぐらいでは薬を出しませんでした。医者が受診を勧める「要医療」(治療ライン)は180/100だったからです。それが、2000年に日本高血圧学会が140/90に引き下げたので、一気に高血圧患者が200万人以上増えました。その後、さらに130/80に引き下げたので、高血圧患者はさらに増えました。

多くの医者が読む『今日の治療薬』(南江堂)によりますと、降圧療法は高血圧の重大な合併症の脳卒中発症率を35~40%、心筋梗塞を20~25%、心不全発症率を50%以上低下させるといわれています。そのため、基準を上回れば、医者はどんどん薬を出します。

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  7. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 飲食店社長が激白、自治体要請の〝矛盾〟「休業要請の有無によって業績に大きな開き…本来あるべき姿ではない」 「地方への支援金」の拡充を

  10. 経済版「2プラス2」新設へ 日米オンライン首脳会談、バイデン政権の狙いは中間選挙見据え「支持率UP」と中国に非常に甘い「日本牽制」