鉄ドル・伊藤桃 “ぐう渋”居酒屋の旅

“サクのみ”ピッタリなサラリーマン天国 西武新宿駅「萬太郎」1/1ページ

「ここ、たぶんサラリーマンの天国だ」とは、先に「萬太郎」さんに来店していた友人からのLINEの一言。

裏路地までネオン輝く東京・新宿歌舞伎町のはずれにポツンと明かりをともす店がありました。〝ぐう渋〟なのれんをくぐると店内はくつろいだ表情でお酒をたしなむ男性でほぼ満席の男祭り。

今回紹介するのは新宿でも西武新宿駅近くにある「萬太郎」さん。店内はカウンター、そして6人掛けテーブルが3つですが、おひとりさまや0次会に1杯飲んでいく人が多いのか回転率が良く、ほどよく満席にならない印象でした。

店内に並ぶ札メニューも、もやしナムルや厚揚げなど〝サクのみ〟にぴったりなおつまみが多く、大体が200~400円とリーズナブル。

私は割りもので飲んでいたのですが、何杯か注文すると「濃いめにしますか?」と聞いてくれるのんべえサービスも。

名物は牛すじ煮込みですが今回はもつ煮込みをチョイス。塩味のさらりとした、だけどコクのある味がたまりません。ふちについている辛みそで味変をしながらちびちびとお酒を飲みます。看板メニューの焼き鳥ももちろん忘れずに。備長炭で焼き上げた香ばしい焼き鳥が1串150円から。お仕事帰り、家に直帰する前に少しだけクイっと1杯。無言の「お疲れさま」を感じる、思わず立ち寄りたくなる〝サラリーマン天国〟な1軒でした。 =木曜日掲載

■「萬太郎」は東京都新宿区歌舞伎町1の28の6 中銀新宿第3ビル1F(03・3209・4253)。※コロナ禍のため営業時間は変動する場合があります。

■伊藤桃(いとう・もも) 鉄道アイドル、タレント。3月11日生まれ、青森県出身。青山学院大学文学部卒業。JR全線完乗した乗り鉄。渋い居酒屋めぐりも趣味。FM狛江『伊藤桃の小田急全駅ものがたり』(毎月第3、5日曜)に出演。ヴィレッジヴァンガードサイトでコラム連載中。著書に『小田急全駅ものがたり』『桃のふわり鉄道旅』。頑張る居酒屋をインスタグラム(https://www.instagram.com/itomomo_izakaya/)でも応援中だ。スペースクラフト・エージェンシー所属。


zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  6. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」

  7. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  8. 「重点措置」適用拡大、2年前から代わり映えしない対策…「日本は『ウィズコロナ』『ポストコロナ』のビジョンが希薄すぎる」 村中璃子氏が苦言

  9. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  10. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か