ダッグアウトの裏側

日米でかなり違うMVPの投票方法 日本は300人だが米は30人…異なる1票の重み1/1ページ

MVP最終候補の3人は46本塁打&投手で9勝の大谷(写真)、48発(リーグ1位)&打率3割1分1厘(同3位)のゲレロ、二塁手史上最多45発&ゴールドグラブのセミエン(共同)
MVP最終候補の3人は46本塁打&投手で9勝の大谷(写真)、48発(リーグ1位)&打率3割1分1厘(同3位)のゲレロ、二塁手史上最多45発&ゴールドグラブのセミエン(共同)

米大リーグのMVPは来週18日(日本時間19日)に発表される。エンゼルス・大谷翔平投手(27)が受賞するかで注目されているが、日本プロ野球と投票方法が違うことはあまり知られていないようだ。

日本で投票するのは、プロ野球報道に5年以上携わっている記者やアナウンサーら300人前後。1―3位まで連記し1位5点、2位3点、3位1点で加算され、合計点数で決定する。

一方、大リーグでMVPに投票できるのは両リーグで30人ずつ。全米野球記者協会(BBWAA)のメンバーで、各本拠地から基本的に2人ずつとなっている。ヤンキースとメッツの本拠地であるニューヨークに多くいる記者の中でも、MVPの投票権を与えられるのはア・リーグ2人、ナ・リーグ2人の計4人だけなのだ。

投票用紙には10人を連記する。1位だけが14点で以下は2位9点、3位8点…と1点ずつ減り10位1点。8日(同9日)に発表された大谷ら最終候補3人は、この合計点でのトップ3だった。

米野球殿堂入り選手を選ぶ投票権はBBWAA在籍10年以上の記者全員に与えられるので、MVP投票権の方が貴重な機会といえる。米国に13年駐在した筆者も、投票希望者の多いニューヨーク支部に所属していたこともあり、MVP投票をしたのは2008年だけだった。

投票するのが30人だけなので1票の重みも違う。集計するBBWAAのジャック・オコネル事務局長からは「与えられた権利だから、どんな選び方をしても構わない。ただし、理由を明確に説明してほしい」と助言され、米メディアから質問を受けた際の回答を準備した。1位票を投じたレッドソックスのダスティン・ペドロイア二塁手(シーズン213安打でリーグ最多118得点)が選出されたので問い合わせはなかったものの、説明責任の重要性を感じたものだ。

大谷はすでに、選手が選ぶ年間最優秀選手やコミッショナー特別表彰を受賞しているので、MVPも間違いない。日本選手の受賞は01年のイチロー(マリナーズ)以来20年ぶり。各記者が明らかにするであろうMVP選出理由を読むのが楽しみだ。(元全米野球記者協会理事・田代学)

zakスペシャル

ランキング

  1. トンガ沖噴火“世界的寒冷化で食料危機”へ 大気中の粉塵で太陽光遮断、農業や畜産業に打撃 「脱炭素社会」実現も困難か

  2. 【マンション業界の秘密】タワマンから戸建てへ…流れは変わるか テレワークでの不都合管理費・修繕積立金の値上げ

  3. 日米首脳の対面会談はいつに!? オミクロン株で言い訳できない「林外相の親中派の疑念払拭せよ」青山繁晴氏が岸田政権に諫言

  4. 合同自主トレの柳田、清宮ら6選手集団感染、それでもキャンプ開催するのか 「最悪の事態も想定しなければ…」プロ野球関係者は戦々恐々

  5. 【芸能ニュース舞台裏】伊集院光、ラジオ終了も…上層部との戦争避けるクレバーな不満のにおわせ方

  6. 米国、カナダも警戒 北京五輪の個人携帯持ち込み…日本はどうする!?

  7. 【エンタなう】愛妻を寝取られながら、見て見ぬフリをする男の心の内は… ゴールデン・グローブ賞受賞で再注目、映画「ドライブ・マイ・カー」

  8. 「私も寝不足」発言で火に油 緊急速報の誤配信、神奈川の黒岩知事が釈明も…深夜に大音量で20回通知

  9. 止まらない「拡大自殺」の連鎖 東大前で刺傷、高2少年の素性 無断欠席も「衝撃」の真面目さ 識者「大阪放火事件の延長線にある」

  10. 【麺喰いにつき】餡たっぷりワンタンメンと〝二郎風〟醤油ラーメン 新店&復活話題の2軒!