菅原大地のサイコースイング

「手と体との一体感」を意識してスイングを1/1ページ

フェース面をボールに向けておくようにすることも大事
フェース面をボールに向けておくようにすることも大事

ラウンド当日の練習でスライスが止まらない。そういうとき、スイング修正はできるだけ抑えたほうがいいので、ボールの位置を少し左に置いたり、左手のグリップを深めにしてみるなど簡単にできる修正にとどめておくことをオススメします。

そのほか、前傾角度とスタンス幅を少し変えてみるのもひとつの方法です。

スライス傾向の人は、スイング軌道がアウトサイドインになっていたり、ボールに対して打ち込むようなスイングになっている場合が多いわけですが、そういう場合は、前傾を少し浅めにしてボールに近づき、スタンスを狭めにする。そうするとその場での回転がしやすくなるので、カット軌道になりづらくなり、スライスが抑えられます。

また、テークバックでフェースをシャットに上げるというのも簡単にでき、スイングそのものが崩れることもないので試してみてはいかがでしょうか。上げるときにフェースを開かないように意識することで、ダウンスイングでもフェースが右に向いてしまうことを防ぐことができます。シャットにするポイントとしては、テークバックでクラブが腰の位置に上がるまでは手と体との一体感を意識すること。また、できるだけフェース面をボールに向けておくようにすることも大事です(写真)。

スライスが出る人の多くは、テークバックでクラブを手で上げてしまっています。それがフェースの開きの原因になるわけですが、手で上げることによって体の回転が小さくなり、飛距離も大幅にロスします。多くのゴルファーが日々の練習では、「手と体との同調」を意識してスイングしていることと思いますが、そのことをコースでも思い出してください。

(協力・太平洋クラブ銀座 銀座ゴルフガーデン)

■菅原大地(すがわら・だいち) 練習生を経て、神奈川県横浜市のハンズゴルフクラブに就職。ティーチングプロ試験合格後、レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気を呼び、現在、個人レッスンはキャンセル待ち状態。19年2月開設のYouTubeチャンネル「DaichiゴルフTV」は現在、登録者数が34万人にのぼる。

zakスペシャル

ランキング

  1. 深刻ワクチン不足に無策 3回目は後手後手、全人口で1・5%の接種率 「ファイザー社は足元を見ているのか、第6波後に届くようなら意味がない」識者

  2. 憔悴する松田聖子の悲痛な胸の内「沙也加の恋人のことはもう終わらせて」

  3. 韓国の圧力に屈するのか!佐渡金山、世界遺産推薦見送り 「韓国側の主張に事実と異なる点」高鳥議員、「日本政府の反論がないのも問題」加藤康子氏

  4. 神田沙也加さんと交際俳優の元恋人 誹謗中傷で憔悴、仕事もいくつか失う

  5. 【芸能ニュース舞台裏】三谷幸喜氏のTV総合司会に不安の声 「新・情報7days」でビートたけしの後任も「耐えられるのか」

  6. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  7. 「自分を見つめ直したい」氷川きよし、活動無期限休止でどう変わる? フェミニンにイメチェン…さらに追求か

  8. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  9. 【芸能ニュース舞台裏】視聴率も演技力も期待値以上、日本エンタメ界に奮起促す菅田将暉の「月9ドラマ」 韓流に一矢報いるか

  10. 【トラとら虎】崖っぷち大山悠輔内野手の決意「どこでも守る!!」 背景に昨年の不振、横たわる4番失格