オヤジのためのサッカー塾

MF伊東のおかげで勝ったけど…誰かもう一人攻撃陣で救世主を! FWなら古橋、前田、三笘の3人か1/1ページ

先制ゴールを決めた伊東純=ハノイ(日本サッカー協会提供)
先制ゴールを決めた伊東純=ハノイ(日本サッカー協会提供)

冷や冷やでした。W杯最終予選はまずは勝つことなのですが、3―0にはできた試合でしたね。そうなったら100点満点だったのに…。

ポジティブな面はMF伊東純也(28)=ゲンク=に尽きます。彼のおかげで勝てました。この試合のMVPです。

先制点になったゴールは前半17分でした。左サイドでMF南野拓実(26)=リバプール=が前を向いてボールを持った瞬間、伊東は相手DFをあっさり追い越しましたよね。この時点で伊東の勝ちでした。

本人も「拓実くんから、いいボールが来たので触るだけでした」とコメントしていましたが、まさにその通り。コンディションの悪いピッチ状況でも、南野から完璧な折り返しが来る。伊東はそれを想定していました。相手を完全に崩した技術的にもとても高いゴールでした。

前半40分のゴールはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入で取り消されてしまいましたね。判定は仕方ありません。MF田中碧(23)=デュッセルドルフ=がオフサイドの位置だったということなのでしょう。得点にはなりませんでしたが、彼の個の力であるスピードを前面に押し出した一撃。オマーン戦でも大きな武器になります。

その伊東にひとつ注文があります。クロスの精度をあげてほしいということです。そうすればもっとハイレベルになります。のびしろはまだまだあります。

これは日本のネガティブな面になるのですが、伊東の他にもう一人、誰でもいいから攻撃陣で救世主がほしいですね。やはり得点力が物足りないので、さもないとオマーン戦は難しい90分になります。

切れるカードはたくさんあります。FWなら古橋享梧(26)=セルテック、前田大然(24)=横浜M、MFなら三笘薫(24)=サンジロワーズ=もいます。

次は内容はともかく結果がすべての一戦です。 (元J1横浜監督・水沼貴史)

zakスペシャル

ランキング

  1. 深刻ワクチン不足に無策 3回目は後手後手、全人口で1・5%の接種率 「ファイザー社は足元を見ているのか、第6波後に届くようなら意味がない」識者

  2. 憔悴する松田聖子の悲痛な胸の内「沙也加の恋人のことはもう終わらせて」

  3. 韓国の圧力に屈するのか!佐渡金山、世界遺産推薦見送り 「韓国側の主張に事実と異なる点」高鳥議員、「日本政府の反論がないのも問題」加藤康子氏

  4. 神田沙也加さんと交際俳優の元恋人 誹謗中傷で憔悴、仕事もいくつか失う

  5. 【芸能ニュース舞台裏】三谷幸喜氏のTV総合司会に不安の声 「新・情報7days」でビートたけしの後任も「耐えられるのか」

  6. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  7. 「自分を見つめ直したい」氷川きよし、活動無期限休止でどう変わる? フェミニンにイメチェン…さらに追求か

  8. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  9. 【トラとら虎】崖っぷち大山悠輔内野手の決意「どこでも守る!!」 背景に昨年の不振、横たわる4番失格

  10. 【芸能ニュース舞台裏】視聴率も演技力も期待値以上、日本エンタメ界に奮起促す菅田将暉の「月9ドラマ」 韓流に一矢報いるか