週間BSマップ

今も色褪せぬ「希代の脚本家」の魅力に迫る 没後40年特別企画「向田邦子に“恋”して」(11月13日(土)午後7時BS-TBS)1/1ページ

没後40年特別企画「向田邦子に〝恋〟して」(TBS-TBS提供)
没後40年特別企画「向田邦子に〝恋〟して」(TBS-TBS提供)

いいタイトルだな~。「向田邦子に〝恋〟して」。知的で、洞察力があり、それでいてどこか抜けたところがある(ような)、そんな向田邦子みたいな人がいたら、本当に恋に落ちる気がします。ただ、向田さんは私みたいな半端モンは相手にしてくれないでしょうね…。

13日午後7時からBS―TBSで放送されるのが、没後40年特別企画「向田邦子に〝恋〟して」、なわけです。

向田邦子さんは映画雑誌の編集者を経て、ラジオの構成作家、テレビ脚本家として活躍。「寺内貫太郎一家」「時間ですよ」「阿修羅のごとく」をはじめ、手がけたドラマは1000本とのこと。エッセイ・小説の執筆でも才能を示し、『思い出トランプ』の「花の名前」「かわうそ」「犬小屋」で第83回直木賞を受賞。しかし、1981年8月22日、台湾での飛行機事故で51歳という若さで亡くなりました。

この番組は、黒柳徹子さんと爆笑問題の太田光さんのロング対談を軸に、TBSで放送されたドラマの名シーンの数々、向田邦子ファンの著名人のインタビューなどで構成されています。「向田邦子が愛され続ける理由」「今も色褪せぬ向田邦子の魅力」にトコトン迫る番組です。

プライベートで向田さんと親交があった黒柳さんは、向田さんとのエピソードの数々を披露してくれます。今や歴史上の人物のようになりつつある「向田邦子」が、とたんにリアルな存在になります。

一方、向田さんを敬愛する太田さん。「向田邦子さんのすごさは『説明台詞のない脚本』。自分はすべてを言葉で説明してしまうけれど、話せば話すほど向田邦子さんが遠くなる気がする」と語ります。これには大きく頷いちゃいます。私もそうで、喋りすぎてしまうんですなあ。(このコラムでも…)でも逆に、向田さんや佐野元春さんのような説明しすぎない粋な表現に憧れちゃう。

とにかく、向田邦子の貴重な資料がたくさん出てきて、ファンもそうでない人も見るしかないです! (立川志らべ)

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  6. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  7. 【マンション業界の秘密】「利用価値」で決まる不動産の資産価値 マンションなら家賃の何年分であるか

  8. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  9. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  10. 米韓スワップ年内終了…韓国資金流出の危機 外交的ボイコットでも歩調乱し、米国に見放されたか 李教授「文氏は実態よりも政治的思惑優先」