“アメリカ仕様”の絶妙アプローチ 渋野日向子、強風でも終始スマイル、3オーバーも随所に成長の証し1/1ページ

強風のため帽子をかぶらずショットを放つ渋野 =12日、グレートアイランド倶楽部
強風のため帽子をかぶらずショットを放つ渋野 =12日、グレートアイランド倶楽部

■国内女子ゴルフ「伊藤園レディス」 第1日(12日、千葉・グレートアイランド倶楽部=6741ヤード、パー72)

最大瞬間風速が16・8メートルと強風が吹き荒れた。渋野日向子(22)も悩まされた。2番(パー3)、ティーイングエリアでアドレスに入った。ホールインワンの賞金額が書かれたボードがガタガタ揺れる。渋野の体も揺れる。帽子が飛ばされそうになった。

「あそこはすごかったですね。ミスしちゃいました」という打球はグリーン左の斜面へ。ピンまで30ヤード、左足下がり、つま先下がりの難しいライだったが、見事なアプローチで1メートルに寄せてパーセーブ。初日、バーディーなしの3つのボギー。3オーバーの32位タイと〝低空発進〟だったが、スコアでは見えない〝アプローチの成長〟があった。

4番(パー4)、グリーン奥カラーからの3打目。58度のウエッジで1・2メートルに付けた。「フックラインで下り。パターの選択肢もあったが、58度でスピンをかけボールを殺して垂れ流そうと思った。イメージ通り」

さらに13番(パー4)でも絶妙なアプローチがあった。ピンまで10ヤード、グリーン手前からの3打目である。

「58度でフェースを開いて上げるか、9Iでワンクッションさせて寄せるか…。あのシーン、転がすイメージがわいた。一番ミスの少ない選択をした」。これも1・5メートルに付けた。残念ながらいずれもパットを外し、ボギーとしたが、これまであまり見られなかったアプローチの〝引き出しの多さ〟を見せてくれた。

この大会を含めて2試合を終えたら渡米する。来季米ツアー参戦への最終予選会に挑戦するためである。最高峰で戦うためのテクニックは着々と仕上がっているようだ。

11月15日には23歳の誕生日を迎える。「(打法改造など)いろいろ挑戦した1年だった。ま、22歳最後の大会は、いい締めくくりをしたいです。あしたはバーディーを1個でも取るぞ!」。いつもの〝しぶこスマイル〟がありました。 (清水満)


zakスペシャル

ランキング

  1. “東証大暴落”100兆円吹っ飛ぶ 新興市場はリーマン・ショック超える惨状に 冷淡「岸田ショック」に怨嗟の声、悲鳴に耳は傾けないのか

  2. 現場は〝悲鳴〟ワクチン追加接種遅れ 対象者のわずか16%…国の初動や情報の遅れ 「岸田政権の失策、感染拡大する一方」八幡和郎氏

  3. 【有本香の以読制毒】岸田首相の「適切な蛮勇」に期待 弱腰の米国、さらに増長する中国・ロシア 「ウクライナ侵攻」を止められるのは日本だけか

  4. 27年の歴史に幕、NHK「ガッテン!」で気になる小野文惠アナの去就 25年間の東京勤務に不満の声も…紅白に続く〝若返り〟策か

  5. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】岸田首相は慰安婦問題から何を学んだのか? 韓国の主張を完全論破すべし! 佐渡金山を堂々とユネスコに推薦せよ

  6. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】源頼朝(大泉洋) 政子を魅了し、亀を妾に 〝ガッキーを泣かせる〟困った女癖

  7. 共通テスト問題流出、19歳女子大生への処分と社会的影響 カンニング目的で家庭教師紹介サイトに登録

  8. 【日本の解き方】佐渡金山の世界遺産推薦問題 韓国に配慮していないのなら、論理的に見送りはあり得ない

  9. 賭博容疑で書類送検、英乃海らに大甘処分 相撲協会の“仰天理由” 1場所出場停止で紫雷は「けん責」 キャバ通いで6場所停止、朝乃山と違いは

  10. 【無駄を嗜む】喫煙所は優れたコミュニケーションの場 「社会の潤滑油」としての効能はもっと評価されてもいいはず