飲み過ぎ危険! 薬漬けにならないための基礎知識

アプリも登場「お薬手帳」活用して“残薬“や”薬漬け”を減らす 医療費も少し安価に1/2ページ

「おくすり手帳」を活用しよう
「おくすり手帳」を活用しよう

高齢者は複数の病院にかかったり、同じ病院でも複数の科にかかることが多くなりました。それもあって、「薬漬け」はいっこうに改善されません。厚労省の調査(2020年)によると、65~74歳の15%が7種類以上の薬を処方されています。75歳以上になると、26%に跳ね上がります。

また、「残薬」と言って、病院で処方された薬を飲み忘れたたり、途中で服用をやめたりして余った薬は莫大な数に上ります。厚労省の調査では約90%の人が残薬を持っていて、約55%の人が医薬品を余らせた経験があると回答しています。残薬は壮大な資源の無駄です。各自治体では医療機関とともにさまざまな取り組みを行っています。

①患者の残薬数を把握して処方日数の調整を行う。②患者の生活習慣にあった用法へ変更する。③服用が難しい錠剤から粉薬など飲みやすい薬に変更する。④1回に何種類かの薬を服用する場合1回服用分ごとにまとめる―などです。

残薬を出さない、薬の数を減らすなどは、医師や薬剤師と相談のうえに行うのが基本です。もちろん、知識を得てご自分でやってもかまいませんが、そのときに便利なのが「お薬手帳」です。

そもそも、お薬手帳というのは、病院などで処方された薬の情報を記録し、その服用履歴を管理するためにつくられました。こうすることで、薬の飲み合わせのチェックなどができ、投薬がスムーズに行われるというメリットがありました。そのため、国はこれを診療報酬制度に組み入れて実施してきましたが、その制度はこれまで何度も変更されました。

お薬手帳が真価を発揮したのが東日本大震災です。カルテや調剤履歴を喪失した病院や薬局が続出しましたが、お薬手帳を持っていた患者さんは、スムーズに診療や投薬ができたのです。

zakスペシャル

ランキング

  1. 対中非難決議、五輪前に出せるのか? 茂木氏「今国会で成立できる」と言及も… 石平氏「日本の人権感覚が問われる」

  2. なぜポテトはSのままなのか 日本の港がコンテナ船にスルーされる現実も

  3. 【スポーツ随想】鉄人・玉鷲が金星も素直に喜べぬ大相撲の〝お寒い現状〟 朝乃山再浮上のころには横綱、大関不在⁉

  4. 感染過去最多も「緊急事態宣言」〝回避可能〟 医療関係者見解「治療薬に効果」「医療逼迫ないかも」 「第6波」で1都12県に「重点措置」

  5. 【サクラと星条旗】カルロス・ゴーン事件から3年…日本に〝幽閉〟された元側近 孫にも会えず、米国では「日本でビジネスするなら気をつけろ」、釈放求める声も 3月3日判決

  6. 【日本の解き方】不安な政府のオミクロン対策…「柔軟な対応」強調するが、先読まず場当たり対応目立つ 菅政権より仕事をしていない

  7. 異例の発表、米原潜「ネバダ」のグアム寄港 中国・北朝鮮を牽制 米CNN報道

  8. 自衛隊幹部の「画像流出騒動」で危ぶまれるセキュリティ問題

  9. 消えぬハッキング疑惑、中国習政権に各国〝総スカン〟 北京五輪開幕前に欧米は個人用スマホ持ち込み手控え 識者「帰国後の使用継続は危険」

  10. 【経営者目線】ワタミ「天才のり弁」で2600億円市場をとりにいく!! 東京都の飲食店が今いちばん苦しい状況