ゴルフわすれな草

木下稜介(16)運を味方に2位に3打差 スコアに表れないラッキーに帯同キャディーも不思議がる1/1ページ

木下稜介
木下稜介

21年6月3日、木曜日。日本ゴルフツアー選手権の予選第1ラウンドが幕を開けた。木下稜介は午前8時26分、アウトコースからティーオフした。前半を3アンダーで回り後半に入る。後半はパーセーブが続き、スコアが動いたのは17番パー4だった。

同ホールは距離481ヤードとパー4ながら距離が長く、右サイドはOBゾーン。ティーからグリーン方向に向かって緩やかな下り傾斜で、グリーン手前には大きな池が配されている。しかもグリーンは池に向かって急傾斜の難しさもあり、平均スコアは毎年4・0をはるかに超え、まさに不動の難易度№1ホール。選手たちはパーパットを沈めて胸をなでおろす。そんな難攻不落の17番で木下は、バーディーパットをねじ込んだのだ。5バーディー・1ボギー67(パー71)で回り、3位タイの好発進を切れた。

翌日の第2ラウンドは午前10時43分、アウトコースからスタートした。雨粒がコースをぬらし続けている中でのプレーだったが、3番パー3で前日同様にバーディーを先行させることができて、気持ちが落ち着いた。6番パー5で着実にバーディーパットを決め、8番パー4でもバーディーパットをねじ込む。

ハーフターン後の10番は通常パー5設定を同選手権ではパー4に変更している。そのため17番に次ぐ難易度の高さだった。木下はこの日初めてのボギーを叩く。15番パー5もボギーとしたが、16番パー3でバウンスバックし、迎えた難関17番でもバーディーを奪った。5バーディー・2ボギー68でフィニッシュし、クラブハウスリーダーとなった。

17番のバーディー奪取は値千金だった。第2ラウンドでは出場選手127人中、バーディー奪取した選手は5人という難しさで、それもあってか2位に3打差も着ける結果となった。1カ月後に控えた全英オープン出場に向け、練習を続けてきた低弾道ショットが冴えた。

「林に打ち込んでもグリーン方向に打ち出せるスペースが空いていたり、ミスショットながらグリーンをキャッチできたり、スコアに表れていませんが、ラッキーも結構ありました。勝つときって、こんな運にも恵まれるんですよね」。帯同プロキャディーの清家充宏は、不思議そうな顔をしながらそう話したのだった。(文中敬称略/つづく)

zakスペシャル

ランキング

  1. トンガ沖噴火“世界的寒冷化で食料危機”へ 大気中の粉塵で太陽光遮断、農業や畜産業に打撃 「脱炭素社会」実現も困難か

  2. 【マンション業界の秘密】タワマンから戸建てへ…流れは変わるか テレワークでの不都合管理費・修繕積立金の値上げ

  3. 日米首脳の対面会談はいつに!? オミクロン株で言い訳できない「林外相の親中派の疑念払拭せよ」青山繁晴氏が岸田政権に諫言

  4. 合同自主トレの柳田、清宮ら6選手集団感染、それでもキャンプ開催するのか 「最悪の事態も想定しなければ…」プロ野球関係者は戦々恐々

  5. 【芸能ニュース舞台裏】伊集院光、ラジオ終了も…上層部との戦争避けるクレバーな不満のにおわせ方

  6. 米国、カナダも警戒 北京五輪の個人携帯持ち込み…日本はどうする!?

  7. 【エンタなう】愛妻を寝取られながら、見て見ぬフリをする男の心の内は… ゴールデン・グローブ賞受賞で再注目、映画「ドライブ・マイ・カー」

  8. 「私も寝不足」発言で火に油 緊急速報の誤配信、神奈川の黒岩知事が釈明も…深夜に大音量で20回通知

  9. 止まらない「拡大自殺」の連鎖 東大前で刺傷、高2少年の素性 無断欠席も「衝撃」の真面目さ 識者「大阪放火事件の延長線にある」

  10. 【麺喰いにつき】餡たっぷりワンタンメンと〝二郎風〟醤油ラーメン 新店&復活話題の2軒!