エンタなう

心の中がバレる星で悪に挑むアドベンチャー活劇 映画「カオス・ウォーキング」1/1ページ

「スパイダーマン」のトム・ホランド(左)と「スター・ウォーズ」のデイジー・リドリーが共演(提供写真)
「スパイダーマン」のトム・ホランド(左)と「スター・ウォーズ」のデイジー・リドリーが共演(提供写真)

汚染された地球から新たな星「ニューワールド」に入植した人々は、なぜか男ばかり。女は死滅し、男たちは頭と心の中で考えていることが〝ノイズ〟となってさらけ出される。「カオス・ウォーキング」(公開中)は、混沌とした人の心にぐさっと入り込む新感覚のSF映画である。

2257年、自然環境に恵まれた新天地にたどりついた人々は、その星の特性で、近づくだけで心のうちがバレるため、互いに疑心暗鬼になっていた。自分の心の〝ノイズ〟をコントロールできる唯一の男プレンティス(マッツ・ミケルセン)が首長として街を支配する。そんな中、青年トッド(トム・ホランド)は、地球からの偵察船が墜落し生存者となったヴァイオラ(デイジー・リドリー)を発見。初めてみる女性だった。首長から彼女を守るため、トッドは、ヴァイオラと逃避行する。

女性は〝ノイズ〟がない。つまり男の願望だけがさらけ出される、という恥ずかしい設定が痛快。そして、宇宙ものでありながら、本編のほとんどが女性を悪党から守るアドベンチャー活劇で、原生林や激流での格闘など手に汗握る展開だ。

原作は話題を呼んだパトリック・ネスによるSF小説「混沌(カオス)の叫び」3部作の第1部『心のナイフ』。亡き母を慕いながら、不敵さ全開のミケルセンが好演する首長に、まっすぐ挑むトッドが「銀河鉄道999」の星野鉄郎と重なって見えた。(中本裕己)

zakスペシャル

ランキング

  1. 現場は〝悲鳴〟ワクチン追加接種遅れ 対象者のわずか16%…国の初動や情報の遅れ 「岸田政権の失策、感染拡大する一方」八幡和郎氏

  2. 27年の歴史に幕、NHK「ガッテン!」で気になる小野文惠アナの去就 25年間の東京勤務に不満の声も…紅白に続く〝若返り〟策か

  3. 【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】岸田首相は慰安婦問題から何を学んだのか? 韓国の主張を完全論破すべし! 佐渡金山を堂々とユネスコに推薦せよ

  4. 【これだけは押さえておきたい鎌倉殿の13人】源頼朝(大泉洋) 政子を魅了し、亀を妾に 〝ガッキーを泣かせる〟困った女癖

  5. 【最新国防ファイル】きな臭いアジア情勢で深化する陸自と米軍の絆 「空挺降下訓練」の拡大でさらに拍車

  6. 日テレ・尾崎アナ、トレーニングで体幹ガッチリ! シェイプアップでぽっちゃり卒業、ふらふらもしません

  7. 【プロ野球実況中継】DeNA移籍の大田、ハマスタで新たなヒーローになれ! 打つだけでなく守備力と走力も魅力、30歳でも身体のキレ変わらず

  8. 「笑点」存続のピンチ!三遊亭円楽が脳梗塞で緊急入院 命に別条なしも仕事の復帰は未定 春風亭昇太、林家たい平はコロナ感染

  9. 大関昇進会見に異例同席、御嶽海の母マルガリータさん 注目度の高さは息子以上!? NHKアナも質問、ファン期待に応える好判断

  10. 「億り人」ピンチ!?ビットコイン半値に下落 金融引き締め、規制強化で売り強まる