肉道場入門!

気取らずに“肉もりもり”のイタリア料理 東京・用賀「スポルカチョーネ」1/1ページ

ハムの盛り合わせだから「ハムもり」
ハムの盛り合わせだから「ハムもり」

★絶品必食編

「ハムもり」「ハムもりもり」「メガハムもり」。

カウンターイタリア料理店のメニューの話である。

冒頭のメニューは文字通り、コッパ(肩ロースの生ハム)やクラテッロ(臀部の生ハム)などのイタリア産ハムの盛り合わせ。

〝もり〟という文字の数で、盛りの量が変わる。というように、メニューはわかりやすい日本語で書かれていたりもするのに、メニューの端々からイタリアの楽しげで自由な匂いがぷんぷんする。

昨年、用賀に開店した「スポルカチョーネ」(東京都世田谷区)。店名に「食べ散らかす」という意味があるように、この店は、好きなものを好きなように食べ散らかすのが楽しい店だ。

例えばある平日の17時に訪れたら、買い物帰りの母子連れがカウンターで夕食を取っていた。その日の遅い時間には、イタリア人がハム盛りを食べながら、楽しそうにワイングラスを傾けていた。

日本では「イタリア料理」と言われるとパスタやピッツァが想起されることが多い。日本のイタリア料理は、どこか偏っていたり、形式張ったりして定着してしまった。

この店ではメニューからしてそんな堅苦しさとは無縁で、自由にあふれている。本連載のテーマである「肉」で言うと、冒頭の「ハムもり」シリーズ以外にも前菜のトリッパ(牛の胃袋)、揚げ物でもハムカツ、コトレッタ(カツレツの原型)、自家製サルシッチャのグリル(イタリアソーセージ)などもあるし、イタリアの肉料理の定番であるタリアータ(焼いた牛肉の薄切り)や、ビステッカアッラフィオレンティーナ(厚切り牛肉のステーキ)など、メニューの随所に肉がもりもりなのだ。

メニューに「気取らず楽しい時間を一緒に過ごしましょう」と書かれているように、自然とグラスを重ねてしまい、日中の肩肘張った空気がゆるんでしまう。

お手洗いにあったメッセージには、小学生らしき字で「ゆういちくん、おいしかったよ」という店主へのメッセージが。

現在の物件での営業は来年の春まで。まずは一度、用賀に流れるイタリアらしい空気に触れていただきたい。

■松浦達也(まつうら・たつや) 編集者/ライター。レシピから外食まで肉事情に詳しく、専門誌での執筆やテレビなどで活躍。「東京最高のレストラン」(ぴあ刊)審査員。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」

  6. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  7. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  8. 「重点措置」適用拡大、2年前から代わり映えしない対策…「日本は『ウィズコロナ』『ポストコロナ』のビジョンが希薄すぎる」 村中璃子氏が苦言

  9. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  10. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」