1975 エンタメプレイバック

「およげ!たいやきくん」 “モーレツ時代”のサラリーマンの心に刺さった1/2ページ

子門真人の独特な歌い方も魅力だった
子門真人の独特な歌い方も魅力だった

1975年10月、『ひらけ!ポンキッキ』(フジテレビ系)で流れた曲がのちに日本で一番売れたシングルレコードとなった。それが『およげ!たいやきくん』だ。

この曲が登場したとき、まだレコード化という話はなかったという。しかし番組にリクエストが殺到し、76年1月のリリース予定が前倒しされ、75年12月に発売されると、現在まで歌い継がれ、450万枚以上を売り上げることになった。

子供たちに遊び心と冒険心を伝えたいという思いから生まれた曲だったが、「まいにちまいにちぼくらはてっぱんの~」という歌詞が、60年代の〝モーレツ時代〟を経験したサラリーマンの心にも刺さったのだ。

実は当初、テレビで流された曲はフォークシンガーの生田敬太郎が歌っていた。しかし、レコード化の前に違うレコード会社と専属契約を結んでしまったため、新たに子門真人が歌うことになったのだ。

『仮面ライダー』の主題歌『レッツゴー‼ ライダーキック』などがヒットしたことで、水木一郎やささきいさおと並んで〝アニソン御三家〟と称された子門。

歌手でありながら会社員という〝二足のわらじ〟であったが、アフロヘアにめがねという独特のいでたちで人気を博した。しかし90年代には引退し、その後は表舞台に出てきていない。

450万枚ものヒットとなると、さぞかし歌唱印税も入ったかと思いきや、1曲5万円の買い取りで歌ったため、子門本人の懐が潤うことはなかった。しかし、後に100万円と白いギターをもらったとされる。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  6. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  7. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  8. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  9. 米韓スワップ年内終了…韓国資金流出の危機 外交的ボイコットでも歩調乱し、米国に見放されたか 李教授「文氏は実態よりも政治的思惑優先」

  10. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」