日本の解き方

立憲民主党との違い明確、存在感示し始めた国民民主党 法案と改憲論議で維新と連携、自公やその他野党への影響も1/2ページ

国民民主党・玉木代表
国民民主党・玉木代表

国民民主党は衆院選後、日本維新の会との連携を確認するなど、立憲民主党との路線の違いを明確にしている。

日本の政党史で、1960~94年に存在した民社党がある。右派社会主義政党であり、リアルな安全保障、反共産主義が特徴だった。

その後、「非自民・非共産」の新進党に吸収されたが、その流れは民主党、希望の党を経て、国民民主に引き継がれているようにみえる。共産党との共闘に難色を示す連合など労働組合からの票が期待できるので、旧民社スタイルは大いに参考にすべきではないか。

共産は、先の国会での首相指名選挙で、衆院選で共闘した立民の枝野幸男代表(12日に辞任)に投票した。志位和夫委員長体制が約21年と長期化するなか、党方針の無謬(むびゅう)性を貫き、立民との共闘を継続するつもりだろう。

立民は当面、共産と距離を置くことは難しくなる。共産の「抱きつき」とみることもできる状況で、国民民主としては「非共産」で立民との違いを明確化しやすい状況だ。

安全保障に関してリアルなスタンスで防衛費の増額などを主張するのも、中国の日本への脅威が現実化しつつある中で、国民が抱える不安への対応として時宜を得ている。

かつての民社党は、野党として改憲議論までなかなか踏み込めなかったが、国民民主は今や維新とともに、政界において改憲議論をリードしようとしている。

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  5. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  6. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  7. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 経済版「2プラス2」新設へ 日米オンライン首脳会談、バイデン政権の狙いは中間選挙見据え「支持率UP」と中国に非常に甘い「日本牽制」

  10. 飲食店社長が激白、自治体要請の〝矛盾〟「休業要請の有無によって業績に大きな開き…本来あるべき姿ではない」 「地方への支援金」の拡充を