カワノアユミの盛り場より愛を込めて

コロナ前の日常取り戻すも…夜営業できないほど深刻な人手不足 いまや飲食店は不安定な業種に認定も1/1ページ

カワノアユミ
カワノアユミ

10月25日、東京都と大阪府で飲食店の営業時間短縮要請が全面解除された。ハロウィンには渋谷やミナミに人があふれる様子が今年も映し出され、徐々にコロナ前の日常を取り戻しているようにも見える一方、大阪では深刻な人手不足が悩みの種だという。

大阪・梅田にあるバーの男性オーナーに話を聞いた。

「元々は5人のスタッフをシフト制で出勤させていたのですが、度重なる自粛や時短営業でやめさせざるを得なかった。それで解除の直前に言われても従業員が全然足りないんですよ。今は僕と店長の2人で店を回しているのですが、朝までの営業となるとさすがに体がもちません。求人も出しましたが、またいつ時短になるかわからないという人が多くて応募が来ないんです」

街に人が戻っても飲食店に人が足りないのなら、営業時間を短縮するしかないとオーナー。一方で、同じく梅田に飲食店を構える女性オーナーは時短解除されても店を開けられない理由を語った。

「本当は昨年の春にオープンだったのですが、緊急事態宣言で延期になった。やっと開けられるとなったら今度は時短要請でしょ。本当は夜営業のみの居酒屋にする予定だったのですが、ランチ営業でオープンさせました。ようやく常連のお客さんが付き始めたと思ったら、急に全面解除。夜だけアルバイトを雇いたいのですが、応募は来ません。ランチ目当てに来てくれるお客さんも多いので昼をやめられない。解除されても夜営業はまだできていません」

学生やフリーターにとって飲食店は定番のアルバイトだったが、長引く時短営業の影響で不安定な業種として認定されてしまったのだ。市内の大学に通う女性はコロナ禍のアルバイトについて「第6波がいつ来るかわからないので、飲食店をやめて日払いのアルバイトをしている」と語った。

■カワノアユミ 20代を歌舞伎町と海外夜遊びで過ごす元底辺キャバ嬢。現在は国内外の夜の街を取材。著書に、アジア5カ国の日本人キャバクラで9カ月間潜入就職した『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)。https://www.amazon.co.jp/dp/4781616550

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  3. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】中森明菜、レコ大連覇へ周囲はピリピリ 「ノンフィクション・エクスタシー」は不振

  4. 【有本香の以読制毒】尖閣もウイグルも出てこない…岸田首相の施政方針演説の“空疎”に驚く 自国の重大課題、北の拉致問題も他力本願に

  5. オミクロン株の厳しすぎる基準で〝全国民が濃厚接触者〟認定の危機 東京では2月に140万人も 専門家はやみくもな検査急増に警鐘

  6. 永島優美アナ、遅咲きブレイク フジ女子アナは「堅実路線」にシフト

  7. 佐渡金山の世界遺産推薦見送り問題 高市氏が林外相を追及!「国家の名誉に関わる。年度内にすべきだ」「韓国への外交的配慮あるのか」

  8. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  9. バラエティー、ドラマ、グループで…芸能界深刻、オミクロン拡大 佐々木希、小島瑠璃子、小峠英二、ディーン・フジオカら次々と感染 検査機会も多く

  10. 【日本の解き方】日銀の物価見通し上方修正で、早期利上げとはしゃぐ半可通 インフレ目標達成はまだ遠く…マクロ経済からかけ離れた議論