お笑いリレーコラム ジャンボたかお

ユニコーンで待望の連チャン! 最後の残保留まで手を抜くな!1/1ページ

7図柄はテンパイしただけで大当たり!
7図柄はテンパイしただけで大当たり!

ユニコーンがホールを席巻している。かなりの人気だ。マックスの時のスピードたるや、あの牙狼をも上回る。ただ、俺は良い思いをしたことがない。全く当たらないのは当然、やっと当たっても60%のラッシュが取れない。その日もスロットで挨拶代わりに3万負け。パチンコに移動し牙狼で2万負け。お気づきだろうか? すでに挨拶代わりでは済まなくなっている。焦り慌てふためく。そしてユニコーンコーナーに向かうと、なんという盛り上がりだろうか! 待ち受けていたかのように1台空いているではないか。連チャン後即辞めの台が。好き嫌いは分かれるが俺は調子がいい台が好きだ。その台に座るとすぐにレバブル! 俺はカスタムしているので、レバブルの信頼度は95%! もらった。そのまま大当たり。大切なのはここからだ。ここの60%を取ることがいつもできない。

だが、この日は神様が俺に同情した。なんなくラウンド中にラッシュ突入の演出が! よし! こっから爆連を見せてやる! …あれ? すぐに強敵登場。チャンスアップなし。抜けた。

「なんで俺ばっかり…」とつぶやいた。気がつけば画面は通常へ。その時だった! レバブルしているではないか! そう、ユニコーンは最後の4回転は当たりやすくなっている! 2回転目で引き戻し、そこから連チャンは始まった。幸せの瞬間。皆さんもユニコーンは最後の残保留まで熱くなれるので手を抜かないように。

■ジャンボたかお 国学院大学在学中にアナウンス研究会で会長を務めた。東京NSC18期を首席で卒業。2019年5月17日、TV番組内で「レインボー実方」から改名した。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 息切れ、強い倦怠感、ブレイクフォグ「ワクチン後遺症」に苦しむ人たち

  3. 〝二刀流〟に挑む日テレ・桝アナ、40歳で大学研究員に転身の思い 「よりよい科学の伝え方についてもっと深く考えて…」 後輩・水卜アナもエール

  4. SNSを一斉削除、酒井法子に不穏な空気 「新事務所の立ち上げによる出直し」との報道も

  5. レコード人気じわり復活 生産10倍、デジタルと共存 「聴くための〝手間〟に魅力を感じる人が増えたのではないか」

  6. 霜降り明星・せいやの物議を呼ぶ破局発言 3時のヒロイン福田との交際報道に事務所〝過剰反応〟でさらに波紋か

  7. 13場所ぶり3度目Vの御嶽海、母・マルガリータさんはツイッターでトレンド入り! 歓喜の場面が映し出されて…解説の北の富士勝昭氏「お母さんのファンです」

  8. 米韓スワップ年内終了…韓国資金流出の危機 外交的ボイコットでも歩調乱し、米国に見放されたか 李教授「文氏は実態よりも政治的思惑優先」

  9. 池袋ホテル82歳男性刺殺事件 容疑者の女「路上で声掛けてホテルに行った」 「パパ活していた」との供述も

  10. 日米、沖縄南方で異例の大規模共同訓練の狙いとは 中国や北朝鮮の軍事的覇権拡大の姿勢に警戒か 識者「演習が有事のテストになる」