華川瑶香の未来を輝かせる占星術

19日の牡牛座の月食の影響は今後3カ月~半年程続く 豊かさや、人生の楽しみ方、お金の価値を真剣に考えると良い変革を起こせる1/1ページ

19日の牡牛座の月食の影響は、今後3カ月~半年程続いていく。牡牛座は「豊かさ」「食」「経済」「美」「快楽」などと関係する星座。牡牛座には現在、改革の星・天王星も滞在中なので、経済や食の分野において変革が起こりやすい。自分にとっての豊かさや、人生の楽しみ方、お金の価値について真剣に考えてみると、良い変革を起こせる。

★21日~27日の運勢★

牡羊座(3/21~4/19) 成功したい、注目されたいという欲求が高まる週。向上心もUPしてくる週なので、今後の目標を改めて考えてみると吉。転職活動の開始も◎。クジ運&金運は週後半が好調。【色】紫【数】8、10【物】小銭入れ、招き猫

牡牛座(4/20~5/20) 初めてのことに挑戦すると運気を活性化できる週。自分の新たな才能を発見したり、面白い体験ができる可能性も高い。対人面でも新しい友人との交流を増やすと刺激を受けられる。【色】黄色【数】1、7【物】新しい服

双子座(5/21~6/21) サービス精神が旺盛になり、人から頼られる機会も増えそう。仕事面ではシフトチェンジが起こる週。意識を少し変えてみると楽な方向へ進めるはず。健康面では便秘に注意。【色】緑【数】6、7【物】バナナ、ヨーグルト

蟹座(6/22~7/22) 刺激的な出会いに恵まれる。価値観の違う人、個性的な人とは交流してみる価値あり。自分とは違う仕事の仕方をしている人から、今後の活躍のヒントを教えてもらえそう。金運は上昇中【色】抹茶色【数】5【物】ハンドクリーム

獅子座(7/23~8/22) 仕事運が良好。楽しみながら仕事ができる今週は、周囲からほめられる機会も増える。健康運も上昇中。寝具の買い替えやダイエット、食生活の改善などには是非挑戦を。【色】ターコイズ【数】4、5【物】火鍋、高麗人参

乙女座(8/23~9/22) こだわりが強くなる。目の前のことに一生懸命になれる半面、周囲の人の気持ちが見えなくなる傾向も。仕事面では周囲の意見も聞き入れるようにすると発展。健康面ではむくみに注意。【色】紺【数】3、5【物】チョコレート

天秤座(9/23~10/23) 愛情深くなる今週は、人からも愛される。公私共に、深く関わりたい人には、勇気を出して自分から働きかけてみて。仕事は予定変更が増える。肩の力を抜くことで発展。【色】ピンク【数】2、5【物】フルーツスムージー

蠍座(10/24~11/21) 体を動かすと運気も動く一週間。紅葉狩りや散歩で、自然に触れる機会を増やすのも吉。仕事面では探求心がUP。興味のある人や分野はとことん追及してみると収穫多し。【色】ボルドー【数】1【物】魚料理、幕の内弁当

射手座(11/22~12/21) 想力がたくましくなる週。被害妄想も感じやすい週だけど、勘違いの可能性も高そう。噂話は信用せず、事実確認はしっかりと。ストレス発散にはグルメと散歩が◎。【色】シルバー【数】1、12【物】うな重、レンコン料理

山羊座(12/22~1/19) 自分主導で動くことが大切な週。人任せにしていると気に入らない方向に進みやすい週。良いアイデアは浮かびやすい週。企画の提案や営業では、想像以上に良い成果を出せそう。【色】ベージュ【数】5【物】マフラー

水瓶座(1/20~2/18) 家族に変化やハプニングが起こりやすい週。気にかけてあげるようにすると安心。週後半からは再挑戦にツキあり。仕事運も好調なので、やりたいことには思い切って挑戦を。【色】山吹色【数】1、10【物】手鏡、コーンスープ

魚座(2/19~3/20) 前向きになれる週。特に仕事は楽しみながら頑張れる。歯応えのあるものを食べると頭の回転もUPする。週後半のクジ運も絶好調。週末の紅葉狩りや神社参拝もツキをUP。【色】赤【数】9【物】バケット、年末ジャンボ

■華川瑶香(かがわようこ) 占星術家・ヒーラー。現在までに6000人以上の依頼者を鑑定。専門は西洋占星術、風水、シータヒーリング他多数。著書は「誕生日☆事典」(KADOKAWA)他。http://presenttime.jp/

zakスペシャル

ランキング

  1. 安倍氏・高市氏ら猛反発!佐渡金山の世界遺産推薦見送り 「日本には後ろめたいことがある」世界に間違った印象も 「岸田政権は韓国の術中にハマった」識者

  2. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も

  3. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  4. 【ニュースの核心】危うい対中融和、岸田政権〝楕円の理論〟 首相と外相が一字一句違わず「共存」目指すような発言、消し去られた日米共同声明

  5. コロナ重点措置でマラソン大会中止ラッシュ 川内優輝選手が語る「政府への疑問」

  6. 来るのか巨大地震〝今最も危険な3地区〟 山形異常な状況「東北・太平洋岸」 急激な高さ変動「北信越」 水平方向の動き「九州・沖縄」

  7. 【寅年女いい女2022】王林 郷土溢れる津軽なまりの〝非〟天然キャラ スタイルは一流モデル並み

  8. 【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】深発地震後のプレート上のつながり 700キロメートル地下で起きた〝世界一深い大地震〟が浅い地震を引き起こした?

  9. 【トップ近況】小型車が次世代の主流に 「2025年はEV時代への分水嶺」 日本電産・永守重信会長

  10. 若手国内組はシラケムード? 変わらぬ「海外&ベテラン」の偏重、森保ジャパン国内合宿3日目