EV放浪記

電気自動車は「路上で充電」今後のスタンダードに? 横浜市が社会実験1/2ページ

しらとり台で実験中の公道充電器
しらとり台で実験中の公道充電器

横浜市で、電気自動車(EV)の急速充電スタンドを公道上に設置する社会実験が行われている。日本ではこれまで路上に充電器はなかった。EVに乗って半年あまり。使ってきた充電スタンドを思い返せば、たしかに駐車場の一角に置かれたものばかりだった。

初の路上充電を試してみようと、ホンダeで出動。東京から国道246号を西へ1時間ほど走る。実験地の横浜市青葉区しらとり台は、郊外のベッドタウンという雰囲気。住宅地のそばには農地が広がっている。

県道170号に「社会実験実施中」という看板と充電器を発見。道を拡幅して2台分の駐車スペースが設けられている。すぐそばを車が往来するので乗降には気を使うが、不安を感じるほどではない。カードを使った認証や1回30分という時間制限など、利用方法は一般的。とくに戸惑うこともなく充電をスタートできた。

「逆向き駐車禁止」という注意書きに気づいた。これは、路上充電ならでは。内燃車の給油口もそうだが、EVも車種によって充電口の位置が違うので、コードをつなぎやすいように転回して駐車したりする。ただ、公道では道路の左側端に沿わない駐車は道交法違反になるのだ。

残量5割から30分でほぼ満充電。利用者アンケートを取っていたので回答しておく。自宅に充電設備を持たない「野良EV」とすれば、こういう試みは大歓迎だ。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  3. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】中森明菜、レコ大連覇へ周囲はピリピリ 「ノンフィクション・エクスタシー」は不振

  4. 【有本香の以読制毒】尖閣もウイグルも出てこない…岸田首相の施政方針演説の“空疎”に驚く 自国の重大課題、北の拉致問題も他力本願に

  5. 永島優美アナ、遅咲きブレイク フジ女子アナは「堅実路線」にシフト

  6. オミクロン株の厳しすぎる基準で〝全国民が濃厚接触者〟認定の危機 東京では2月に140万人も 専門家はやみくもな検査急増に警鐘

  7. 【日本の解き方】日銀の物価見通し上方修正で、早期利上げとはしゃぐ半可通 インフレ目標達成はまだ遠く…マクロ経済からかけ離れた議論

  8. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  9. 森保ジャパン〝綱渡りの天王山〟主力のケガにオミクロン株余波…ドタバタ続きの舞台裏 中国代表も深刻な状況

  10. バラエティー、ドラマ、グループで…芸能界深刻、オミクロン拡大 佐々木希、小島瑠璃子、小峠英二、ディーン・フジオカら次々と感染 検査機会も多く