シネマパラダイス

IS相手にゲリラ戦 雑誌掲載の実話を基にルッソ兄弟がプロデュース「モスル~あるSWAT部隊の戦い~」1/1ページ

「モスル~あるSWAT部隊の戦い~」(c)2020 Picnic Global LLC. All Rights Reserved.
「モスル~あるSWAT部隊の戦い~」(c)2020 Picnic Global LLC. All Rights Reserved.

雑誌に載った実話を基に、『アベンジャーズ』シリーズのルッソ兄弟がプロデュース。『ワールド・ウォーZ』などの脚本家マシュー・マイケル・カーナハンが監督デビュー。IS(イスラム過激派組織)相手にゲリラ戦を仕掛ける部隊の死闘を描く。キャストはみなイラクにルーツを持つ。19日公開。1時間42分。

荒廃したイラク第2の都市モスル。地元の新米警官カーワはISに襲われたところを、突如現れたSWAT部隊に救われる。ISに身内を殺されたカーワは本部を無視して独自のミッションを遂行中だという彼らに、その場でスカウトされる。

【ホンネ】見ながら状況がつかめず混乱するが、そのカオスこそがリアル。土ぼこりや煙の中から何が飛んでくるか分からぬ緊迫感が一瞬もゆるまない。その中でつかの間の休憩、仲間同士の会話や関係が効く。ミッションが明かされる終盤、衝撃と痛くも深い感動が腹にズドン! ★★★★(映画評論家・折田千鶴子)★5つで満点、☆=星半分

zakスペシャル

ランキング

  1. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  2. 「南海トラフ」の前兆か 未明の大分、宮崎を襲った震度5強 列島周辺で頻発する強い揺れ「すでに始まっているといってよい」識者

  3. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  4. 【日本の解き方】国会で見送られる重要法案 参院選まで「紛糾しそうなものを回避」慎重すぎる姿勢

  5. 迷走するオミクロン対応 「若者の検査・診断スルー」で混乱に拍車 「国と尾身先生、分科会で整合性取って」小池都知事も不快感

  6. 【大前研一のニュース時評】切れ味の鈍さ感じる「22年世界の10大リスク」 4位は中国内政「恐怖のネット企業統制」…最大のリスクは?

  7. 文大統領の「竹島」ギフト、日本受け取り拒否 韓国政府に強く抗議 旧正月の慣例として相星孝一大使宛てに送付

  8. 【艶グラドル】志田音々、盛りだくさんトレカぜひ集めてネ! セクシーポイントは「鎖骨にあるホクロ」

  9. 飲食店社長が激白、自治体要請の〝矛盾〟「休業要請の有無によって業績に大きな開き…本来あるべき姿ではない」 「地方への支援金」の拡充を

  10. 経済版「2プラス2」新設へ 日米オンライン首脳会談、バイデン政権の狙いは中間選挙見据え「支持率UP」と中国に非常に甘い「日本牽制」