「ちゃんと終わらせる」お見事なファイナル! 映画『土竜の唄 FINAL』で“唯一無二”の三池マジック1/2ページ

豪華メンバーが出演している
豪華メンバーが出演している

19日に公開された映画『土竜の唄 FINAL』。ここまで楽しませてくれたら文句なし。極上のエンターテインメント映画だ。メガホンは三池崇史監督(61)、脚本は宮藤官九郎(51)。それ以上にたまらないのが豪華すぎる出演者の〝唯一無二〟感だ。

監督はどんな演技指導をし、個々の奥のものを引き出したのか。まさに三池マジックの真骨頂。アッパレ三池組!

主演は生田斗真(37)。警察学校創立以来、最低の成績で卒業した警察官・菊川玲二役で、品位のなさは警察官の制服姿で女子高生のスカートをのぞくというシーンで余すところなく表現されている。アウトでしょ、それ! と目くじらを立ててはいけない。映画です、映画。

そんな菊川に指令が下る。潜入捜査官〝モグラ〟になれと。潜入先は巨大ヤクザ組織。任務は末端価格6000万円の麻薬密輸を阻止すること。

周辺の信頼を得るために菊川は、ヤクザの組長・日浦(堤真一)と兄弟分になる。日浦は昔かたぎの極道で麻薬は手を出さない。しかし日浦の親、轟周宝(岩城滉一)が麻薬で巨万の富を得ている。それを疑う日浦は親に半目を張ることになる。

zakスペシャル

ランキング

  1. 韓国の半導体“衰退危機” 素材・部品など日本頼みが致命的 経済成長率も日本下回る予測 生き残るには米中間「二股外交」か

  2. 坂本一生が驚きの「変身」ぶり 金髪に真っ黒日焼け肌…プロレスラーのような肉体に

  3. 【歌姫伝説 中森明菜の軌跡と奇跡】中森明菜、レコ大連覇へ周囲はピリピリ 「ノンフィクション・エクスタシー」は不振

  4. 【有本香の以読制毒】尖閣もウイグルも出てこない…岸田首相の施政方針演説の“空疎”に驚く 自国の重大課題、北の拉致問題も他力本願に

  5. 永島優美アナ、遅咲きブレイク フジ女子アナは「堅実路線」にシフト

  6. オミクロン株の厳しすぎる基準で〝全国民が濃厚接触者〟認定の危機 東京では2月に140万人も 専門家はやみくもな検査急増に警鐘

  7. 【日本の解き方】日銀の物価見通し上方修正で、早期利上げとはしゃぐ半可通 インフレ目標達成はまだ遠く…マクロ経済からかけ離れた議論

  8. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  9. 森保ジャパン〝綱渡りの天王山〟主力のケガにオミクロン株余波…ドタバタ続きの舞台裏 中国代表も深刻な状況

  10. バラエティー、ドラマ、グループで…芸能界深刻、オミクロン拡大 佐々木希、小島瑠璃子、小峠英二、ディーン・フジオカら次々と感染 検査機会も多く