実況・小野塚康之 時代を超える名調子

縦断高校野球列島(35)~広島県~ 清原超えた!!広陵・中村の6本塁打の衝撃 際どいコースはバットが止まり、飛ぶコースは必ず仕留めた1/3ページ

天理戦で大会6本目の本塁打を放った広陵の中村奨成=2017年8月22日、甲子園
天理戦で大会6本目の本塁打を放った広陵の中村奨成=2017年8月22日、甲子園

まさか清原和博(1985年PL学園)を超えていくとは! 衝撃だった。一大会5本塁打をクリアしあっさり〝6〟に更新した。

2017年99回選手権大会準優勝広陵の中村奨成だ。記録破りの打力に強肩、俊足。資質抜群の史上最強キャッチャーだ。入学時から超高校級と注目を浴びていたが、3年最後の夏は広島大会では右手首に死球を受け、途中までは9打数1安打と振るわなかった。しかし負傷が癒えた準決勝、決勝と2試合連続のホームランと本領を発揮して甲子園に乗り込んできた。

さあ全国の舞台で真価が問われる。181センチ78キロとスリムな3番打者だ。第一印象では、これまでの超高校級の飛距離を誇る、例えば清原やゴジラ松井秀喜よりサイズは小さかった。特に捕手でホームラン打者といえば香川伸行らドカベンタイプを連想するのでスマート&スピーディーの中村は新鮮味にあふれていた。右打ちでスタンスはスクエア、トップの位置は肩の少し上でバットはグリップエンド一杯、左足を滑らせるように低く上げタイミングを取る。

◇ ◇ ◇

第1号は1回戦0―2と中京大中京にリードを許した6回裏二死走者なしから生まれた。右の香村篤史の高めの速球を捉えた。ガツンとたたき出された打球は勢いを増し上昇。マンモス甲子園の最深部、それも右中間スタンドに吸い込まれた。この一発にはすごみを感じた。

まずカウントだ。3ボール2ストライク、変化球も意識しつつ速球のタイミングで待ち、際どいコースは手を出さなければならず、長打狙いの強振はできない。この状況で軽々とスタンドまで運んだ。しかもセンターから右、高校生の右打者でなかなかあそこまで飛ばせない。まるで清原だ! しかも中京大中京の勝ちパターンの継投策、先発左の磯村峻平から香村への代わり端を打ち砕き逆転への布石となった。

第2号もこの試合、1号で流れを作りイケイケとなった8回表8―2とリードして2死走者一塁1ボールからの2球目。左の伊藤稜の外側の高めの速球、グッと踏み込んで逆らわずに強く振り切った。

zakスペシャル

ランキング

  1. 深刻ワクチン不足に無策 3回目は後手後手、全人口で1・5%の接種率 「ファイザー社は足元を見ているのか、第6波後に届くようなら意味がない」識者

  2. 憔悴する松田聖子の悲痛な胸の内「沙也加の恋人のことはもう終わらせて」

  3. 韓国の圧力に屈するのか!佐渡金山、世界遺産推薦見送り 「韓国側の主張に事実と異なる点」高鳥議員、「日本政府の反論がないのも問題」加藤康子氏

  4. 神田沙也加さんと交際俳優の元恋人 誹謗中傷で憔悴、仕事もいくつか失う

  5. 【芸能ニュース舞台裏】三谷幸喜氏のTV総合司会に不安の声 「新・情報7days」でビートたけしの後任も「耐えられるのか」

  6. 渋野日向子、米ゴルフツアー出場は3戦目「ドライブオン選手権」か?

  7. 「自分を見つめ直したい」氷川きよし、活動無期限休止でどう変わる? フェミニンにイメチェン…さらに追求か

  8. 小池栄子にじみでる女優の矜持、大河「鎌倉殿」で〝裏主演〟 ガッキーとのアップ合戦でも凛とした美しさ放つ

  9. 【芸能ニュース舞台裏】視聴率も演技力も期待値以上、日本エンタメ界に奮起促す菅田将暉の「月9ドラマ」 韓流に一矢報いるか

  10. 【トラとら虎】崖っぷち大山悠輔内野手の決意「どこでも守る!!」 背景に昨年の不振、横たわる4番失格