それってOUTだぜ!

ばかばかしい“コロナバブル” 半導体不足で新車は「納期遅延」、中古車は便乗値上げの「ぼったくり価格」2/2ページ

大手中古車店に行ったところ、人気車種は数年落ちでも値段設定が高く、数キロしか走っていないような新古車に至っては新車より高い値段だったという。バカバカしくなって買う気がうせたとお怒りなのだ。

この状況には私も言葉を失った。需要と供給で値段が変わるのは自由主義経済の基本だが、プレミアムクラシックカーでもない現行中古車が新車よりも高い値段になるというのは、明らかに便乗値上げの「ボッタクリ」である。

それを物欲任せで買うのは個人の自由だが、本来の価値を逸脱した値段で買っても、後々損をするのは分かり切ったこと。バブル崩壊を忘れたのだろうか。

コロナ禍がもたらした「物欲」などがいつまでも続くわけがないと思うのだが、こんな状況の勢いは衰えないという。

プレジャーボートやバイクなど、趣味性の強い乗り物においても、同様に異常な高騰が起きているらしく、実際に一部の業者は空前の好景気だという。

バカバカしい限りだが、こうなるとコロナバブルといわざるを得ない。

台風のときに増水を見に行ったりするとロクなことがないのと同じで、こういうときは余計なことをしないでジっとしているのが一番だ。

だが、川が増水していると誰かが騒ぐと、自分も見に行きたくなるのも人情なのだが…。

■大鶴義丹(おおつる・ぎたん) 1968年4月24日生まれ、東京都出身。俳優、小説家、映画監督。88年、映画『首都高速トライアル』で俳優デビュー。90年には『スプラッシュ』で第14回すばる文学賞を受賞し小説家デビュー。YouTube公式チャンネル『大鶴義丹の他力本願』も更新中。


zakスペシャル

ランキング

  1. 西側諸国「6月反攻」に秘密兵器 ゼレンスキー大統領、東部苦戦に「装備の差」主張 これまでで最も殺傷力が高い榴弾砲供与か 「8月までは一進一退」識者

  2. 〝前座扱い〟に地団駄の韓国 バイデン大統領の日韓歴訪にみる「国格」の差 共同声明、いくら読んでも出てこない「スワップ」の文字

  3. 【日本の核戦略】核シェアリングの方法(上) 中国の核恫喝が現実に…日本の政治家はもはや逃げ回れない 「核を持ち込めば、敵の核に狙われる」は無知な議論

  4. 【小池百合子 強く、そしてしなやかに】若者に浸透した安全保障のリアル 「ウクライナ侵攻」で脅かされる食料、エネルギー…自然災害にも目

  5. ビニ本販売で「まんだらけ」摘発 「芸術としてのエロスと捉えていた」社長ら5人書類送検、1440万円売り上げ 昨年には風営法違反も

  6. 露デフォルトほぼ確定、戦争継続困難に 年内に2540億円もの支払い 海外から国債による資金、ハイテク部品も調達できず

  7. 【玉ちゃんの酔滸伝】杜の都・仙台で〝スナックセンサー〟発動! 店名からスナックかクラブかを選別、入店テクニックも披露

  8. 習主席が墓穴!空母威嚇が裏目に バイデン大統領「台湾防衛」を明言 「『第2のウクライナにはさせない』決意の現れ」識者

  9. 阪神、佐々木朗希に“エース回避作戦”大成功 負ければ自力V消滅の可能性もミラクル起こす セ・パ交流戦

  10. 【艶グラドル】古川杏は〝だんじり娘〟 セクシーポイントは「左頰の秘密のホクロ」