元文春エース記者 竜太郎が見た!

菅田将暉、小松菜奈結婚の舞台裏 硬派ニュースを扱う番組すらトップネタ扱い 既成事実で“直談判”…全ては恋の激情がなせる技1/2ページ

菅田(写真)が小松にぞっこんなのだ
菅田(写真)が小松にぞっこんなのだ

美男美女スターカップルの誕生だ。11月15日、菅田将暉(28)と小松菜奈(25)の結婚が発表された。普段は硬派ニュースを扱う『news23』(TBS系)もトップネタで扱い、国民的慶事であることを印象づけた。

「電撃的発表の夜『菅田将暉のオールナイトニッポン』の生放送があり、本人を直接取材しようとニッポン放送前に多くの記者が詰めかけました。菅田は報道陣に恐縮し『夫婦ともどもよろしくお願いします』とあいさつ。今の気持ちを聞かれると『幸せです』。マスク越しの表情は喜びにあふれ、左手薬指には結婚指輪が光っていました」とは現場で取材した記者の報告だ。

ラジオでの結婚報告は菅田が憧れる小栗旬がやったことにならったもので、気分は最高潮。「この1週間くらい胸の奥がマグマみたいに熱くて、変なソワソワがずっとしています」と自嘲気味に笑ったが、高揚した気持ちを抑えきれず、うれしさのあまり感極まって言葉が詰まることも。

人気実力ともに若手ナンバーワンと評される菅田は、当然のごとくモテ男だ。これまで本田翼や二階堂ふみとの熱愛報道もあった。

「ここまで菅田がはしゃぐのは、映画『ディストラクション・ベイビー』で出会って以来、ずっと小松が好きだったから。とにかく彼女にぞっこんなんです。片思いから何度も彼女に告白していますが、友達のままでいようとかわされてきた。小松が交際していた相手が菅田とは真逆のタイプで嫉妬心に駆られることもあったそうです。そして2019年に映画『糸』の撮影で、菅田はふたりきりになるチャンスを作り、ロケ先などで猛アタック。その間も断られ続けたのですが、菅田のやっとの思いが通じて交際が始まりました」(女性誌デスク)

zakスペシャル

ランキング

  1. 建設中のマンション崩落、高速鉄道で車輪が脱落も…韓国企業「儲け」のためなら法律・マニュアル一切無視の〝危険不感症候群〟

  2. 【突破する日本】中国、五輪後「台湾侵攻」「尖閣奇襲」か 久場島が戦略的要地になり得る可能性も 自衛権行使できない海上保安庁が日本の弱点

  3. 【スポーツ随想】鉄人・玉鷲が金星も素直に喜べぬ大相撲の〝お寒い現状〟 朝乃山再浮上のころには横綱、大関不在⁉

  4. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  5. 【サクラと星条旗】カルロス・ゴーン事件から3年…日本に〝幽閉〟された元側近 孫にも会えず、米国では「日本でビジネスするなら気をつけろ」、釈放求める声も 3月3日判決

  6. 自衛隊幹部の「画像流出騒動」で危ぶまれるセキュリティ問題

  7. 対中非難決議、五輪前に出せるのか? 茂木氏「今国会で成立できる」と言及も… 石平氏「日本の人権感覚が問われる」

  8. 阪神最大の懸案事項「守護神問題」はルーキー頼み? 矢野監督「いい意味で想定外出てきてほしい」

  9. 感染過去最多も「緊急事態宣言」〝回避可能〟 医療関係者見解「治療薬に効果」「医療逼迫ないかも」 「第6波」で1都12県に「重点措置」

  10. 【経営者目線】ワタミ「天才のり弁」で2600億円市場をとりにいく!! 東京都の飲食店が今いちばん苦しい状況