欧州の移民が失敗した理由 日本は大丈夫か 事実上「移民解禁」の懸念に「岸田政権は流れを止める責務がある」藤井氏1/2ページ

岸田文雄政権が外国人労働者の在留資格「特定技能」のうち、長期在留や家族の帯同が可能な「2号」資格の対象分野を拡大することを検討している。「事実上の『移民解禁』ではないのか」(国民民主党の玉木雄一郎代表)と懸念する声もあるなか、移民受け入れを進めた欧州では経済の圧迫や治安の悪化など深刻な弊害も目立つ。同じ轍を踏む結果になりはしないか。

外国人就労の特定技能のうち、熟練した技能を持つ即戦力とされる「2号」は現在、「建設」と「造船・舶用工業」の2分野のみで、出入国在留管理庁によると、今年9月末時点で2号の在留者はいない。

一方、相当程度の知識又は経験を必要とする技能水準とされる「1号」は農業や自動車、外食など製造業、サービス業を含む14分野で受け入れている。在留する外国人は今年9月末時点で3万8337人。ベトナムが2万3972人、フィリピンが3591人、中国3194人、インドネシア3061人などが上位だ。

移民とは異なるという位置付けを強調した制度だが、岸田政権は2号の受け入れ分野を大幅に拡大する方向だ。外国人就労をめぐっては、労働環境について問題も多い技能実習生から1号への移行が可能で、さらに実務経験を経て2号へ移行する道も広がることになる。

欧米では、移民制度で大きな代償を払った国もある。

元内閣官房参与で、京都大大学院の藤井聡教授(公共政策論)は、「欧米における移民へのアレルギーは、ドナルド・トランプ政権の誕生や、英国のEU(欧州連合)離脱という形で表れた」と指摘する。

zakスペシャル

ランキング

  1. 安倍氏・高市氏ら猛反発!佐渡金山の世界遺産推薦見送り 「日本には後ろめたいことがある」世界に間違った印象も 「岸田政権は韓国の術中にハマった」識者

  2. 盛られた苦労話…宮迫博之〝黒幕〟発覚でネット民ドン引き 焼き肉店の開店めぐり「ネタ」とは受けとめず「嘘」とみる反応も

  3. コロナ重点措置でマラソン大会中止ラッシュ 川内優輝選手が語る「政府への疑問」

  4. 【山崎武司のメッタ斬り 生涯ジャイアン】日本ハム・清宮の10キロ減量は大正解 22キロ減で本塁打王の経験者が断言「ケガは減り身体のキレは増す」

  5. 【ニュースの核心】危うい対中融和、岸田政権〝楕円の理論〟 首相と外相が一字一句違わず「共存」目指すような発言、消し去られた日米共同声明

  6. 【トップ近況】小型車が次世代の主流に 「2025年はEV時代への分水嶺」 日本電産・永守重信会長

  7. 【寅年女いい女2022】王林 郷土溢れる津軽なまりの〝非〟天然キャラ スタイルは一流モデル並み

  8. 高齢者受けにくく…「無料検査」の弊害 オミクロン株「検査を実施せず臨床症状のみでの診断を」ピークの2週間後へ専門家提言

  9. 仏下院「対中非難」採択…「ウイグル弾圧はジェノサイドに相当する」と明記 情けない日本の決議案

  10. 【スポーツ随想】鉄人・玉鷲が金星も素直に喜べぬ大相撲の〝お寒い現状〟 朝乃山再浮上のころには横綱、大関不在⁉